パンでつくられるオブジェ「飾りパン」|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
パン
[2016.02.16]

パンでつくられるオブジェ「飾りパン」

パン本科2年生では、菓子祭で展示する飾りパンの作品づくりが始まっていました。

160216-1.jpg

卒業制作でもあるので、みんな気合十分で望んでいます!

飾りパンとは、その名の通り食べる目的のパンではなく飾り用のパンなので、イーストなどは入れずに発酵をさせずにつくることが多いんです。しっかりと固く焼いた生地で、さまざまなカタチをつくっていきます。

160216-2.jpg

これはもしかして「もみじ」かな??

パンはそのほとんどが茶色系ですよね。
だから色の濃淡を出すのが難しいんです。
焼き色の調整や、抹茶やコーヒー、食紅などの着色料も使い、色の変化を出したりしているんですよ。

160216-3.jpg

こっちは「鹿」?「トナカイ」?(@_@;

丸みのあるカタチやほのかな色合いには、パンならではの独特の温かみがありますよね!?

こういった小さなパーツも一つひとつ丁寧につくって、ひとつの大型作品の中に飾りつけて仕上げていきます!

気になる完成品は、ぜひ菓子祭で!!
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加