業界を牽引する伝統校として、さまざまな活動を行っています|製菓・製パン業界のみなさまへ

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ

製菓・製パン業界の方へ

製菓・製パン業界の方へ
プロ向け技術講習会『特別セミナー』開催など、業界を牽引する伝統校ならではの情報力と技術力を生かした活動を行っています。

東京製菓学校は、業界を牽引する伝統校としてのネットワークを活かし、プロの方向けの技術講習会『特別セミナー(旧:特選実習セミナー)』を実施しており、製菓・製パン業界からの多数の参加をいただいています。そのほかにもさまざまな技術協力、出版協力・監修なども行っていますので、ご興味のある方はぜひ学校までご連絡ください。

インターンシップ&アルバイト紹介制度 業界向け研修会特選実習セミナー 技術協力出版協力監修etc...

インターンシップ制度

東京製菓学校では、就職専任スタッフを配置し、学生および既卒者の就活サポートを積極的に推進しており、インターンシップ制度も実施しています。求人をお考えの企業や店舗の方からのご連絡・ご相談は随時受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アルバイト紹介制度『A-system(アシステム)』

在学生の製菓・製パン業界でのアルバイトをサポートする制度です。

A-system(アシステム)とは
夜間部(専科)の学生を中心にアルバイトを斡旋する、本校のシステムです。ご協力先には授業に支障のない時間帯での雇用をお願いしております。
【授業時間】
第1部 (昼間部|本科) 週5日(月~金) 8:30~16:30
第2部 (夜間部|専科) 週3日(月・水・金) 18:00~21:30
ご協力企業は随時募集しておりますので、ご興味のある方、ご相談の方は下記までご連絡ください。
東京製菓学校 就職係
E-mail : shushokuka@tokyoseika.ac.jp
直通ダイヤル : 03-3200-7174

特別セミナー(旧:特選実習セミナー)<7月開催>

業界関係者から広く支持されてきた、本校教師によるプロの方向けの技術セミナー『特選実習セミナー』が2018年から内容を一新し、『特別セミナー』として生まれ変わりました。デモンストレーション形式で、最新の市場動向予測に基づくカリキュラムをお届けします。和菓子・洋菓子・パンの3コースでの開催、参加費も変わりましたので、ぜひご参加ください。
2018年度開催概要
特別セミナー2018
洋菓子コース
ハイレベルな洋菓子を丁寧に
伝授学生に戻った気持ちで
東京製菓学校洋菓子課長
講師:益田一亜輝
日本洋菓子協会連合会の公認指導員も務める。内海杯、
クープ・デュ・フランス予選等でも受賞多数。
今回のセミナーでは、生菓子を3品、焼き菓子を2品作ります。出来るだけ詳しく、基礎的な説明をしながら進めます。また、製品を考えた意図なども説明します。具体的には、フルーツピューレを使用した製品を紹介いたします。単体のピューレを使用するのではなく、数種類のピューレを組み合わせて1つのクリームを作り、その中に食感を入れて、1つの製品にしていきます。複数のピューレを使用する事で、自分的な味が作れ、個性も出せます。
若く経験が浅い方から、経験豊富な方でも、基礎的な事を学びたい方でしたら、どなたでも歓迎いたします。学校のセミナーですので、一つ一つ丁寧に、分かりやすく説明して進めて参ります。学生に戻った気持ちで、受講していただけたらと思います。シンプルに、素材を生かしたお菓子を紹介させて頂きます。
和菓子コース
美味しいお菓子を作るための
教え方のコツ
東京製菓学校教育部長
講師:小林紀夫
日本菓子協会東和会 副会長も務める。全菓博名誉総裁賞や農林水産大臣賞等受賞多数。
豆の煮方・餡の味は人によって千差万別です。本当はどうすればよいのか、「今更人には聞けない」と相談できずに半信半疑で餡を作られてる方は少なくありません。それぞれのお菓子に合った餡を作る事ができれば、他店とはひと味違った魅力ある商品を生み出す事ができます。そして、その為には餡の味を自在にコントロールする必要があります。常に自問自答しながらお菓子と向き合う姿勢がとても大切で、そこに美味しさのヒントが隠されています。
今回のセミナーでは、餡を作る為の理論・技術に的を絞り、美味しいお菓子を作る為の「考え方のコツ」をお伝えします。大切な事は、流行り廃りのない王道のお菓子を美味しく作る為の基礎知識と技術の習得に取り組む姿勢です。そういった姿勢がなければ商品の独自性で勝負することは出来ません。他社よりちょっとだけ美味しいお菓子を作る為に、ここで、もう一度、餡について復習してみませんか。是非一度ご参加下さい。
パンコース
パン業界をより良い業界に
次世代の方々へ継承していく
東京製菓学校パン課長
講師:中島進治
パン・グランプリ・コンテスト等さまざまなコンテストで審査員を務める。また、日本乳製品協会会長賞等受賞も多数。
パン作りは、日進月歩で変化し高品質のものが提案され、美味しいパンをなるべく合理的に作るように業界として意識が変わってきたように思えます。また、人手不足を補うように製法も改善され、機械化も以前より進んできました。競合店舗との差別化を図り、売上向上をお考えの方や従来のパン作りとは趣を変えたい方々にご提案させていただきます。
セミナーでは、自家製酵母種を使った製パンの基本・基礎について説明及びデモンストレーションをします。また、従来の製法を踏まえた上で差別化をはかる新たな提案を行います。当日は種を作るポイントから解説し、その種を使った製パンで解説をしながらデモンストレーションを実施します。経験の浅いパン技術者からベテランの技術者まで、そしてパン業界に関わっている方で自家製酵母種に興味をお持ちの方に是非お越しいただきたいと思っております。
【開催日時】 2018年7月25日(水) 9:00~16:00
【受講条件】 日本国内で働くプロの方
【 受講料 】 各コースとも:5,000円(税込)
  ※ 昼食代および試食を含みます
※ お土産のご用意はございません
   
お申し込みはFAXで
03-3200-2627

お申込用紙ダウンロード
特別セミナー2018申込用紙

お問い合わせ:東京製菓学校 庶務係まで
TEL.03-3200-7171
過去の開催実績
<2017年> 2017/7/19・20開催
洋菓子コース
和菓子コース
パンコース

<2016年> 2016/7/20・21開催
和菓子コース
洋菓子コース
パンコース

<2015年> 2015/7/22・23開催
和菓子コース
洋菓子コース
パンコース

<2014年> 2014/7/29・30開催
和菓子コース
洋菓子コース
パンコース

グローバリズム 進学に際して、高校生の6割近くが「グローバル社会で通用する人材になりたい」*と願う時代。製菓・製パン業界でも、その潮流は同じです。東京製菓学校では、早くから外国人留学生の受け入れに積極的に対応しており、たくさんの国から技術を学ぶために学生たちがやってきます。韓国、中国、台湾、香港といった近隣のアジア諸国をはじめ、マレーシア、タイ、アメリカ、カナダ、フランス、スウェーデンなど。日々の授業を通じて、国際感覚を養うことができるのです。
*一般社団法人全国高等学校PTA連合会・株式会社リクルートマーケティングパートナーズ合同調査『第8回高校生と保護者の進路に関する意識調査2017』より、「グローバル社会で通用する人材になりたい(57.2%)」
  アジアを牽引 近隣アジア諸国やフランスの料理学校からのオファーを受け、本校卒業生や業界に従事する技術者を対象とした特別講習会・技術セミナーなどを開催しています。また、「中国国際ベーカリー展」や「ソウル国際パン・菓子フェスティバル」「台北国際ベーカリーショー」など、業界関連イベントにも積極的に参加し、日本の製菓・製パン技術の情報発信も行っています。
コラボレーション 2012年の伊勢丹新宿本店を皮切りに、日本橋三越本店、銀座三越など国内有名百貨店とコラボレーション。オリジナル創作和菓子を開発して期間限定店舗を出店、販売や作品展示などを行っています。来店されたお客さまに好評を博しているだけでなく、学生たちにとっても現場での実務経験を積む貴重な学びの場となっており、人気の授業となっています。   クールジャパンを支援 日本の戦略産業分野である文化産業の国内外への発信などを行う政策、「クールジャパン」。本校ではこの取り組みに積極的に協力しており、和菓子の世界を紹介するため、クールジャパン内閣府特命担当大臣室、副大臣室に展示される工芸菓子を提供して展示しています。また、台湾・台北にて開催された「Japanese Sweets Fair」や、日本文化の発信イベント「Japan Week」にも教師を派遣し、日本のスイーツの魅力を積極的にPRしています。
技術協力 テレビドラマや映画のなかに登場するお菓子の製作・監修や撮影協力、ときには本校専任教師が出演したりと、、広く一般の方々にお菓子やパンの魅力を伝えるためのさまざまな活動をサポートしています。 業界内の各種コンテスト・講習会の会場として本校の施設・設備を提供しています。また、和菓子のマイスター認定制度である「選・和菓子職」では、立ち上げから全面的にバックアップさせていただいています。   出版協力・監修 本校専任教師は、出版社からの依頼を受けて製菓・製パン業界に携わるプロ向けの専門書をはじめ、関連書籍の出版協力や監修・執筆も行っています。