洋菓子本科のご案内|製菓・菓子・パティシエの専門学校。お菓子作りやパン作りの専門性を徹底的に深めるカリキュラムを展開。 - 東京製菓学校 -

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ

洋菓子本科

昼間部 洋菓子本科 [2年制、月~金]
洋菓子本科

プロのパティシエになるための、充実の2年間。

洋菓子本科を知るためのおすすめコンテンツ
授業の内容・特徴 洋菓子科就職実績
特徴的なカリキュラム 卒業後のサポート
洋菓子本科教師紹介 卒業後の資格について
校内探検 卒業生の風景
実習時間 2436時間
洋菓子だけを繰り返しつくる 2436時間にもおよぶ実習が自信となり確信に変わる
パティシエとして一定のレベルまで成長するためには、高い技術と絶対的な自信が必要となります。そして実際の現場では、その都度レシピに対して疑問を確認していく余裕はありません。そのために、在学中に豊富な経験を積み、正確な洋菓子づくりの理論と技術を修得することが大変重要となります。そこで本学科では洋菓子だけを2年間こなし、2880時間という豊富な授業時間のうち2436時間も実習に充てています。その結果、作業中に絶妙なタイミングを図る、素材の状態や変化を感じ取る、さまざまな材料の特性を見分ける目や繊細な技法を養うなど、頭で理解するのではなく、すべての理論や技術を身体で覚えていくことができるのです。たくさんの製品をつくり、さまざまな技術を経験して、どのような場面でも通用するパティシエを育て上げます。豊富な実習時間が、自信からいつしか確信へと変えてくれるはずです。
上へ戻る

卒業後の資格

上へ戻る

カリキュラム

洋菓子本科カリキュラム

実習
教科目 授業内容 時間数
製菓実習 基本的なスポンジ類等からデコレーションケーキの応用。
トレトゥール、飴細工等の専門技術までの洋菓子実習。
1812
模範実技 教師やフランス人客員教師による基本実技と応用。
最新の洋菓子類のデモンストレーション。
504
創作研究 学生の自主的な創意による洋菓子の試作。販売管理の研究。 40
実技講習 外来講師による実践的な洋菓子実習や生産現場での作業要領の講習。
和菓子科およびパン科との交換授業や、バリスタ、喫茶の授業も。
80
実習時間 2436 hours
講義
製菓理論・原料、機械・会計税務・菓業経営・商標登録・菓子店経営・衛生法規・公衆衛生学・食品学・食品衛生学・栄養学・菓業教養・校外研修・体育・付属教科
講義時間 444 hours
上へ戻る