大切な進路選択に役立つ情報をご紹介!高校3年生のみなさんへ

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ

高校3年生の方へ

「卒業後の将来も見据えた」進路決定のために
いよいよ目の前にせまってきた、進路選択。自分なりの「行きたい学校を決めるポイント」をしっかり見据えて、納得のゆく学校選びを。

高校3 年生になったら、進路選択はいよいよ目の前の課題として迫ってきます。関心のある学校を絞り込み、いろいろなことをしっかりと調べて「自分なりの評価軸やポイント」を見つけ、納得のゆく学校選びをしてください。2 年間の専門学校生活を「将来を見据え充実したものにする」ためには、どんなことを考えなければいけないか。自分への投資として、あらゆる視点からアプローチしてみてください。

高校3年生のみなさんに見ていただきたいのは…

就職に「強い」大学を超える実績身につくスキルが違いますオープンキャンパス 体験入学東京製菓学校etc...
就職に「強い」大学を超える実績
60余年の伝統は、「就職にも強い」、という事実。
専門学校で学ぶからには、将来はしっかり業界に就職したい。そのために必要なのは、業界における実績とネットワークです。東京製菓学校の設立60 余年の伝統は、卒業後の就職のときこそ力を発揮します。大卒の求人倍率をはるかに超える売り手市場。自分の好きな道を進む人たちに、「吟味して選べるほど」たくさんの求人案件をご提供できるということが、大きな強みとなっています。 身につくスキルが違います
重ねた実習→スキルが高い→現場に出てからが「ひと味」違う。
製菓・製パン系の専門学校のなかでも一線を画する「圧倒的な実習時間数」は、東京製菓学校の大きな特徴。ひたすら手を動かし、つくることでしか修得できない繊細な技術やタイミングを、頭ではなく身体で覚えることができます。これは、洋菓子・和菓子・パンをそれぞれ専門的に学ぶ学科構成となっている本校ならでは。現場で即戦力となる、確かな力を身につけることができます。 オープンキャンパス 体験入学
AO入試エントリー資格も得られる。支援制度や学費のことも、要チェック。
東京製菓学校のオープンキャンパス・体験入学では、AO 入試エントリー資格が得られる『AO 入試説明会』も同時開催していますから、早期エントリーをめざす方にはおすすめです。また、生地づくりからはじまる本格的なお菓子づくり・パンづくり体験もできるほか、支援制度や学費についてなど入学に関する各種説明、希望者の方には個別相談もあります。気になることは何でも分かる体験入学は、参加必須のイベントです。 東京製菓学校「エトセトラ」
東京製菓学校の魅力、まだまだあります!
「進路選択を決めるいまだからこそ」あらためて知ってほしいー。本校の魅力やさまざまな活動を、いくつかピックアップしご紹介。他校とは「ひと味」違う、製菓・製パン業界の伝統校ならではの魅力を感じてください!
資格のこと。
製菓・製パンの仕事をするうえで資格は必ずしも必要ではありませんが、スキルアップや独立などの目標に向け勉強し資格を取ることが、大きな自信となるのも事実。本校では、相当な実務経験がないと受験できない国家資格「技能検定2 級」の受験資格が卒業と同時に全学科で取得できるほか、製菓衛生師資格取得のためのセミナーや、食品衛生責任者や職業訓練指導員など、各種資格取得のためのフォローアップも充実しています。
[その他資格取得のためのサポート]
・製菓衛生師受験対策セミナー(卒業生対象の無料セミナー)
・食品衛生責任者/職業訓練指導員(受験資格年数短縮含む)等の資格取得フォローアップ etc.
さらに詳しく! 「資格&フォローアップ」のページへ
住まいのこと。
学生寮は、男子寮・女子寮とも、東京製菓学校のある高田馬場から乗り換えなしで通える立地にあります。都内の閑静な住宅街で各種設備も万全。その他賃貸アパート・マンションなどをご希望の方も、学校スタッフがご相談にのりますのでご安心ください。
* 学生寮の詳細につきましては、別途お問い合わせください
学費のこと。
本校は実習重視のカリキュラムを展開しています。実習の時間と品目数が多いぶん、材料費も含めたくさんのコストがかかります。要は「実習量」と「学費」は完全に比例しています。しかしこれは「将来のための投資」。現場と変わらぬ設備環境を整え、つくった経験や身につけた技術によって「どこよりも即戦力として使える人材になってもらう」ために必要なもの、と考えていただければ幸いです。
さらに詳しく! 「学費&学生支援制度」のページへ
グローバリズム 東京製菓学校では、早くから外国人留学生の受け入れに積極的に対応していて、たくさんの国から技術を学ぶために学生たちがやってきます。韓国、中国、台湾、香港といった近隣のアジア諸国をはじめ、マレーシア、タイ、アメリカ、カナダ、フランス、スウェーデンetc...。日々の授業を通じて、国際感覚も養えます。   アジアを牽引 近隣アジア諸国やフランスの料理学校からのオファーを受けて、講習会や技術セミナーなども実施しています。また、「中国国際ベーカリー展」や「ソウル国際パン・菓子フェスティバル」「台北国際ベーカリーショー」など、業界関連イベントにも参加し、日本の製菓・製パン技術の情報発信も行っています。
コラボレーション 2012 年の伊勢丹新宿本店を皮切りに、日本橋三越本店、銀座三越など国内有名百貨店とコラボレーション。オリジナル創作和菓子を開発して期間限定店舗を出店、販売や作品展示などを行っています。来店されたお客さまに好評を博しているだけでなく、学生たちにとっても現場での実務経験を積む貴重な学びの場となっており、人気の授業となっています。   クールジャパンを支援 本校では、日本が国策として取り組んでいる「クールジャパン」にも積極的に協力しています。内閣府からの要請を受け、クールジャパン内閣府特命担当大臣室、副大臣室に展示される工芸菓子を製作・提供したり、台湾・台北での「Japanese Sweets Fair」や、日本文化の発信イベント「Japan Week」にも教師を派遣し、日本のスイーツの魅力を積極的にPR しています。
技術協力 テレビドラマや映画のなかに登場するお菓子の製作・監修や撮影協力、ときには本校専任教師が出演したりと、広く一般の方々にお菓子やパンの魅力を伝えるためのさまざまな活動をサポートしています。 本校専任教師は、出版社からの依頼を受けて製菓・製パン業界に携わるプロ向けの専門書をはじめ、関連書籍の出版協力や監修・執筆も行っています。   出版協力・監修 業界内の各種コンテスト・講習会の会場として本校の施設・設備を提供しています。また、和菓子のマイスター認定制度である「選・和菓子職」では、その立ち上げから本校教師が全面的にバックアップしています。