和菓子本科のご案内|製菓・菓子・パティシエの専門学校。お菓子作りやパン作りの専門性を徹底的に深めるカリキュラムを展開。 - 東京製菓学校 -

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ

和菓子本科

昼間部 和菓子本科 [2年制、月~金]
和菓子本科

職人だけが持つ「塩梅(あんばい)」を体得する、2年間。

和菓子本科を知るためのおすすめコンテンツ
授業の内容・特徴 和菓子科就職実績
特徴的なカリキュラム 卒業後のサポート
和菓子本科教師紹介 卒業後の資格について
校内探検 卒業生の風景
実習時間 2368時間
和菓子だけを学ぶ2年間でたくさんつくる2368時間にもおよぶ実習時間が自信を与えてくれます
和菓子の世界では「塩梅」という言葉をよく使います。この「塩梅」は味加減とか具合・状態という意味の言葉。味・硬さ・色・香りなど、身体の五感をすべて使ってこの「塩梅」の感覚を向上させることが和菓子技術者には大切なこととなります。どうしてこのタイミングなのか、なぜそのようにしなければならないのかなど、一つひとつの作業の中で理由を確認しながら実習を進めていき、自分なりの「塩梅」の感覚を育てていくのです。和菓子づくりの理論を公式として頭で覚えるのではなく、すべてを実習の中で体得することが、より確かな技術を身につける近道です。本学科ではそんな和菓子づくりだけを2年間こなし、2880時間という豊富な授業時間のうち2368時間も実習に充てているという濃密なカリキュラムが用意されています。自分の手でたくさんつくり基礎を身につけ、同時に広い視野をもって新しいことにも積極的に取り組む。そんな新世代のプロを育てていきます。
上へ戻る

卒業後の資格

上へ戻る

カリキュラム

和菓子本科カリキュラム

実習
教科目 授業内容 時間数
製菓実習 蒸し菓子や焼き菓子、平鍋菓子、上生菓子、流し物菓子、餅菓子など基本から応用まで。
製餡などの基本から工芸菓子に至るまでの和菓子実習。
洋菓子の素材を取り入れたヌーヴェル和菓子の実習等。
1828
模範実技 教師による基本実技と応用。季節の菓子類のデモンストレーション。 440
創作研究 学生の自主的な創意による和菓子の試作。販売管理の研究。 20
実技講習 外来講師による茶席菓子、有平糖、日本料理等の実習。
洋菓子科及びパン科との交換授業。
80
実習時間 2368 hours
製菓理論・原料・機械・会計税務・菓業経営・商標登録・菓子店経営・衛生法規・公衆衛生学・食品学・食品衛生学・栄養学・菓業教養・校外研修・体育・付属教科
講義時間 512 hours
上へ戻る