学生支援制度と学費について|入学支援制度や学費についてご紹介。

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ

学生支援制度

支援制度と学費について
募集要項

本校では、入学を希望される方へのために独自の支援制度を設けているほか昼間部および夜間部向けの各種奨学金のご案内、教育ローンのご相談なども承っております。
本校の専門スタッフが対応いたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

本校独自の学生支援制度

被災生徒等授業料等減免補助金 [昼間部/夜間部]

東日本大震災により、学費負担者の家屋の被災状況が甚大または収入状況の変化が著しいと判明した場合、入学金免除、学費等納入据え置き、卒業後最大10年間の分納の申請をすることができます。

親族入学支援制度 [昼間部/夜間部]

4親等以内のご親族に本校を卒業された方、または現在在籍の学生がいらっしゃる方を対象とした制度です。
減額内容
  • 入学金100,000円

学生支援制度|[昼間部]対象の奨学金制度

独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)奨学金制度

専修学校に在籍する者を対象とし、人物・健康・学力・家計について基準に照らし合わせて採用となります。高校在学中(進学する前の春)に申込ができる「予約採用」というシステムもあります。なお、家計の対象はあくまでも保護者となります。
第一種奨学金
(無利息)
特に優れた学生で経済的理由により著しく修学困難な者に貸与されます。
自宅通学
53,000円/月
自宅外通学
60,000円/月
または、30,000円/月
第二種奨学金
(利息付)
第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された者に貸与されます。在学中は無利息です。 30,000/月、50,000/月、
80,000円/月、100,000円/月、
120,000/月のいずれか
入学時特別増額
貸与奨学金
(利息付)
国の教育ローンを利用できなかった方を救済するための制度です。貸与は入学後となります。 10万円、20万円、30万円、
40万円、50万円

一般財団法人 林レオロジー記念財団奨学金制度

菓子およびパンに関する製法技術を習得するため、2年以上のコースの専門学校に学び、将来国内および世界のパン・菓子業界の伝統的技術を継承し、さらに創造的発展をめざし勉学に励む2年生以上の専門学校生を対象とした奨学金です。書類・小論文の選考で採用された場合、月額30,000円が1年間給付されます。

学生支援制度|[夜間部]対象の奨学金制度

私立高等学校等就学支援金

授業料の一部に充てる費用として、国が学校に支払い、家庭の教育費負担を軽減する制度です。

私立高等学校等授業料軽減助成金

都内にお住まいで、在学する生徒の保護者の方の教育費負担を都が軽減するために、都が授業料の一部を助成する制度です。

私立高等学校等奨学給付金

都内にお住まいで、在学する生徒の保護者の方の授業料以外の教育費負担を都が軽減する制度です。

各都道府県ごとの奨学金制度

各都道府県にて奨学金制度を設けており、無利子の貸付制度になります。申込資格や貸付月額、申込時期や貸与開始時期などはそれぞれに異なりますので、各自ご確認ください。入学後に学校を通しての申込となります。
  • 東京都育英資金
  • 千葉県奨学資金
  • 埼玉県高等学校等奨学金
  • 神奈川県高等学校奨学金奨学生 など

その他|主な教育ローンについて

日本政策金融公庫「国の教育ローン」

【教育一般貸付】
低金利なのが特色です。在学中は利息のみの返済も可能です。日本学生支援機構奨学金との併用もでき、入学金、授業料、受験費用、定期券代、アパート代など、広い用途で使用できます。申込は随時、受験前でも可能です。手続き完了後、最短2週間で振り込みとなります(入学資金の場合は、合格通知を確認後)。

【郵貯貸付】
教育積立郵便貯金の預金者が対象。上限200万円(ただし、教育積立郵便貯金の現在高の範囲内)。収入(所得)に関する制限はありません。全国のゆうちょ銀行、または簡易郵便局を除く全国の郵便局で取り扱っています。

信販会社による教育ローン 

本校に入学、在学されている方の保護者が対象となります。入学時および在学時に必要な費用としてご利用できます。
  • (株)ジャックス 
  • (株)オリエントコーポレーション など

本校の学費について

本校は実習重視のカリキュラムを展開しています。実習の時間と品目数が多いぶん、材料費も含めたくさんのコストがかかります。要は「実習量」と「学費」は完全に比例しています。しかしこれは「将来のための投資」。現場と変わらぬ設備環境を整え、つくった経験や身につけた技術によって「どこよりも即戦力として使える人材になってもらう」ために必要なもの、と考えていただければ幸いです。 学費は年4回、2年間で計8回の分納制となっております。実習器具や教科書、白衣など、入学後必要になるものや、授業料・実習費・設備費は全て含まれています。