留学生募集要項|留学生の入試に関する募集要項をご紹介。

留学生 募集要項

留学生向け:入学についてのごあんない
募集要項

募集受付時期について

推薦入試 2014年10月1日 ~ 10月31日
指定校推薦入試 2014年10月1日 ~ 10月31日
卒業生推薦入試 2014年11月1日 ~ 2015年1月9日(ただし、新規入国者は11月29日までとする)
一般入試 2014年11月1日 ~ 2015年1月9日(ただし、新規入国者は11月29日までとする)
入学考査に関する諸注意
面接は、目的意識の確認および食品衛生教育の観点から行ないますので、染髪、男子の長髪やヒゲ、または女子の厚化粧やマニキュアはその場で指導又は不合格の対象となります。

出願書類等について

出願書類につきましては下記よりダウンロードできます。
印刷する場合は、なるべく厚めの用紙を使用してください。

  推薦
入試
指定校
推薦入試
卒業生
推薦入試
一般
入試
入学申込書(本校所定のもの)
健康診断書(本校所定のもの)
最終学歴の卒業証明書(本国での最終出身校(専門学校は除く)のもので英語が日本語訳を添付)
最近の写真 3枚(4×4㎝/カラー)
下記の書類のうち該当するもの全て
・日本語学校の成績証明書(本校所定の用紙)
・日本語能力試験 合格認定書(N1級またはN2級)のコピー
・日本留学試験成績通知のコピー
・BJTビジネス日本語能力テスト成績通知のコピー
パスポートのコピー
(顔写真のページと在留期限が確認できるページ)
在留カードのコピー
(両面コピー、新規入国者は不要)
推薦書(本校所定のもの、日本語学校在籍者のみ)  
経費支弁書(本校所定のもの
入学考査料(20,000円) 免除 免除
  • 健康診断書は本校所定の用紙を持参して行なってください。
  • 入学考査料を郵送する場合は、最寄りの郵便局にて普通為替を利用して下さい。

推薦入学

第1部:和菓子本科 洋菓子本科 パン本科

応募条件
  • 18才以上の者で、高等学校卒業以上の者。
  • 本校は食品を取り扱う業種のため、保健衛生の観点から常に心身ともに健康である者。
  • 2014年10月1日現在で下記の項目のうちでいずれか1つに該当する者。
    1. (財)日本語教育振興会が認定した日本語学校を180日以上就学し、出席率が90%を超える者で、日本語能力試験N2級合格程度の成績を有し、その日本語学校の在籍予定機関を全うする者。
      (後日、成績証明書に記載された予定期間より前に日本語学校を退学した場合、出席率や成績が著しく低下した場合は合格を取り消します。)
    2. 日本語能力試験N2級またはN1級を取得している者。
    3. 日本語留学試験において、日本語科目の合計点が200点以上の者。
      (ただし各日本語科目4領域において50%以上得点していること)
    4. BJTビジネス日本語能力テストにおいて、400点以上取得している者。
受付期間

2014年10月1日 ~ 10月31日

入学考査日

第1回 10月28日(火) / 第2回 11月11日(火) 

考査方法 書類審査・面接
書類審査後、郵送にて考査日の通知をします。
合格発表 第1回 11月1日(土) / 第2回 11月15日(土)
両日とも13:00から、本校にて発表します。発表後、個別に手続きに関する説明を行ないます。
(電話による問い合わせには一切お答えできません)
※ただし、新規入国者は考査後に発表する。

指定校推薦入学

第1部:和菓子本科 洋菓子本科 パン本科

応募条件
  • 対象校の詳細につきましては、直接お問い合わせいただくか、本校WEBサイトにてご確認ください。(5月頃掲載予定)
  • 本校在校生の出身校が対象となります。
  • 18才以上の者で、高等学校卒業以上の者。
  • 本校は食品を取り扱う業種のため、保健衛生の観点から常に心身ともに健康である者。
  • 2014年10月1日現在で、下記に該当する者。
  • (財)日本語教育振興会が認定した日本語学校を180日以上就学し、出席率が90%を超える者で、日本語能力試験N2級合格程度の成績を有し、その日本語学校の在籍予定機関を全うする者。
    (後日、成績証明書に記載された予定期間より前に日本語学校を退学した場合、出席率や成績が著しく低下した場合は合格を取り消します。)
受付期間

2014年10月1日 ~ 10月31日

入学考査日

第1回 10月28日(火) / 第2回 11月11日(火)

考査方法 書類審査・面接
書類審査後、郵送にて考査日の通知をします。
合格発表 第1回 11月1日(土) / 第2回 11月15日(土)
両日とも13:00から、本校にて発表します。発表後、個別に手続きに関する説明を行ないます。
(電話による問い合わせには一切お答えできません)

卒業生推薦入試

第1部:和菓子本科 洋菓子本科 パン本科

応募条件
  • 18才以上の者で、高等学校卒業以上の者。
  • 本校は食品を取り扱う業種のため、保健衛生の観点から常に心身ともに健康である者。
  • 出願書類を提出する時点で下記の項目のうちでいずれか1つに該当する者。
    1. (財)日本語教育振興会が認定した日本語学校を180日以上就学している者で、出席率が80%を超える者(80%未満の場合は応相談)で、日本語能力試験N2級合格程度の成績を有し、その日本語学校の在籍予定機関を全うする者。
      (後日、成績証明書に記載された予定期間より前に日本語学校を退学した場合、出席率や成績が著しく低下した場合は合格を取り消します。)
    2. 日本語能力試験N2級またはN1級を取得している者。
    3. 日本語留学試験において、日本語科目の合計点が200点以上の者。
      (ただし各日本語科目4領域において50%以上得点していること)
    4. BJTビジネス日本語能力テストにおいて、400点以上取得している者。
  • 4親等以内の親族に本校を卒業した者、または在籍する学生がいる者。
受付期間

2014年11月1日 ~ 2015年1月9日 ※定員になり次第締切となります。
(ただし新規入国の者は11月29日までとする)

入学考査日

第1回 12月6日(土) / 第2回 2014年1月17日(土)
(ただし新規入国の者は、第1回12月7日(土)のみ受験可能)

考査方法 書類審査・面接
書類審査後、郵送にて考査日の通知をします。
合格発表 第1回 12月13日(土) / 第2回 2015年1月24日(土)
両日とも13:00から、本校にて発表します。発表後、個別に手続きに関する説明を行ないます。
(電話による問い合わせには一切お答えできません)
※ただし、新規入国者は、12月6日(土)考査後に発表する。

一般入試

第1部:和菓子本科 洋菓子本科 パン本科

応募条件
  • 18才以上の者で、高等学校卒業以上の者。
  • 本校は食品を取り扱う業種のため、保健衛生の観点から常に心身ともに健康である者。
  • 出願書類を提出する時点で下記の項目のうちでいずれか1つに該当する者。
    1. (財)日本語教育振興会が認定した日本語学校を180日以上就学している者で、日本語能力試験N2級合格程度の成績を有し、その日本語学校の在籍予定機関を全うする者。
      (後日、成績証明書に記載された予定期間より前に日本語学校を退学した場合、出席率や成績が著しく低下した場合は合格を取り消します。)
    2. 日本語能力試験N2級またはN1級を取得している者。
    3. 日本語留学試験において、日本語科目の合計点が200点以上の者。
    4. BJTビジネス日本語能力テストにおいて、400点以上取得している者。
受付期間

2014年11月1日 ~ 2015年1月9日 ※定員になり次第締切となります。
(ただし新規入国の者は11月29日までとする)

入学考査日

第1回 12月6日(土) / 第2回 2015年1月17日(土)
(ただし新規入国の者は、第1回12月3日(土)のみ受験可能)

考査方法 書類審査・筆記試験(日本語能力試験N2級程度、カタカナを含む)・面接
書類審査後、郵送にて考査日の通知をします。
合格発表 第1回 12月13日(土) / 第2回 2015年1月24日(土)
両日とも13:00から、本校にて発表します。発表後、個別に手続きに関する説明を行ないます。
(電話による問い合わせには一切お答えできません)
※ただし、新規入国者は、12月6日(土)考査後に発表する。

留学生支援制度

本校に入学する成績優秀な私費外国人留学生に対して、入学金等を軽減し留学生活を支援する制度です。
学生支援制度
本校に入学を希望する方への学費支援制度です。「入学支援制度」はすべての入学者に、「親族入学支援制度」は条件を満たしていれば受けることが可能です。
入学支援制度 全入学者に入学金100,000円が軽減されます。
~この制度は、昨今の世界的な経済不況による入学者の学費負担を考慮して設けられた制度です~
親族入学支援制度 4親等以内の親族に本校の卒業生、または在籍する学生がいる者は入学考査料20,000円の免除および入学金100,000円が軽減されます。
留学生支援制度
本校に入学する成績優秀な私費外国人留学生に対して、入学金を軽減し留学生活を支援する制度です。
推薦入学、指定校推薦入学、卒業生推薦入学合格者および一般入試筆記試験70点以上の合格者は入学金100,000円が軽減されます。
※その他の支援制度として「日本学生支援機構」の奨学金への推薦も行っています。