和菓子専科のご案内|製菓・菓子・パティシエの専門学校。お菓子作りやパン作りの専門性を徹底的に深めるカリキュラムを展開。 - 東京製菓学校 -

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ

和菓子専科

夜間部 和菓子専科[2年制、月・水・金]
和菓子専科

自然に身体が反応する。「技」をものにする2年間。

和菓子専科を知るためのおすすめコンテンツ
授業の内容・特徴 和菓子科就職実績
特徴的なカリキュラム 卒業後のサポート
和菓子専科教師紹介 卒業後の資格について
校内探検 卒業生の風景
実習時間 848時間
一歩一歩着実に技術を磨く 身体が自然に覚えていく
本学科では週3回、2年間かけて和菓子だけを集中して学習していきます。そして、テキストを使用した理論的な授業よりも、学生自身の創造性を生かした主体的な授業を展開していきます。その実習率は全授業の約90%。確かに現場では生産性が最重視されスピードが要求されますが、学校では一つひとつを集中して丁寧につくることを心がけています。基本的な作業から応用編まで一歩一歩着実にこなすことが、より正確に技術を修得でき、即戦力としての大きな自信となります。夜間部だからこそ、強い勇気を持って取り組んでいます。
上へ戻る

卒業後の資格

上へ戻る

カリキュラム

和菓子専科カリキュラム

実習
教科目 授業内容 時間数
製菓実習 蒸し菓子や焼き菓子、平鍋菓子、上生菓子、流し物菓子、餅菓子など基本から応用まで。
製餡などの基本から工芸菓子に至るまでの和菓子実習。
洋菓子の素材を取り入れたヌーヴェル和菓子の実習等。
636
模範実技 教師による基本実技と応用。季節の菓子類のデモンストレーション。 200
実技講習 外来講師による上生菓子、焼菓子等の実習。
生産現場での作業要領の講習等。
12
実習時間 848 hours
講義
製菓理論・菓業経営・食品衛生学・会計税務・製菓原料・茶道・付属教科
講義時間 118 hours
上へ戻る