深く掘り下げて学んでいきます|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
洋菓子
[2015.10.28]

深く掘り下げて学んでいきます

洋菓子本科1年生では、洋菓子の基本であるさまざまな種類の生地づくりを、約200種類もの製品を通じて学んでいきます。

151028-4.jpg

材料の配合や製法のタイミングなど、覚えることはたくさんあるんですよ。

151028-2.jpg 151028-3.jpg

今日は、スフレタイプの「チーズケーキ」とババロアと栗のケーキ「ババロア・オ・マロン」、バウムクーヘンの薄い生地にチョコレートクリームをサンドして表面にカラメルをかけたケーキ「ドボス・シュニッテン」をつくっています。

151028-1.jpg

また、各製品の歴史や名称などについても学んでいきますよ。

例えば、「ドボス・シュニッテン」の「ドボス」は、このケーキをつくったハンガリー人のヨーゼル・カルル・ドボスさんの名前から、「シュニッテン」とは切り分けたお菓子という意味で、いずれもドイツ語です。

たくさんつくる中で基本の技術はもちろん、基礎知識とともにフランス語やドイツ語、英語などの外国語についてもしっかりと勉強していきます。

2年間、洋菓子に絞って学んでいくからこそ、広く浅くではなく一つひとつについて深く掘り下げて学んでいけるんですよ。
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加