多様化するニーズに応えるチカラを|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
パン
[2014.10.15]

多様化するニーズに応えるチカラを

今日のパン本科1年生は、朝から夕方まで一日中実習です!

「チーズクッペ」、「フルーツコーヒーロール」、「スコッチブレッド」の3種類をつくっています。

9190.jpg

チーズたっぷりの「チーズクッペ」はパン屋さんでも大人気の焼き込み調理パンですよね。今回はレッドチェダーチーズ入りです。

そして、同時進行でつくっていた「フルーツコーヒーロール」は、名前には"コーヒー"と入っていますが、実は材料にコーヒーは入っていないんです。(^^;

ビターなコーヒーにピッタリのスイートなパンなんですよ。
スイートロールの一種で、通常のパン生地の仕込み方とは異なる製法でつくっていきます。

9186.jpg 9188.jpg

「スコッチブレッド」は文字通りスコットランドのパンで、レーズンやオレンジピール、レモンピール、アプリコット、ドライアップル、フィグ、ドレンチェリーなどなど、中にたくさんのフルーツを入れたどっしりとしたパンです。

9192.jpg

そしてさらに、来週から始まる洋菓子科との交換授業で使用する材料の仕込みまで行なっていました。

日本のパン屋さんで扱うパンも年々多様化しています。
さまざまな種類や材料、製法など、プロを目指す人たちにとっては、勉強すべきことがたくさんあるんです。

お客様のニーズに応えられるホンモノの力を身につけるために・・・みんなで一緒に頑張っていきましょうね!(^^)/
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加