本当の意味で「わかる」ようになる|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
洋菓子
[2016.10.04]

本当の意味で「わかる」ようになる

昨日は先日の学生祭の代休でお休みをいただきましたので、今日から通常授業が再開です。

161004-1.jpg

洋菓子本科1年生では、その時期のお菓子を通して生地づくりを徹底的に練習していきます。

生地づくりと一言で言っても、スポンジ生地やタルト生地、バターケーキ生地、クッキー生地など、さまざまなバリエーションがありますよね。

161004-6.jpg

今回は折り込み生地の製品「パンプキン・パイ」をつくっています!

161004-4.jpg 161004-3.jpg

パイ生地は手折りで、かぼちゃも蒸して裏ごしするところから、すべての工程を自分たちで行なっていきます。

161004-5.jpg

本当の意味で生地づくりが「わかる」ようになるまで、とにかくたくさんつくっていきますよ。

161004-2.jpg

つくる>わかる>つくる。
そのくり返しが本物のスキルになっていくんです!
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加