ハード系の代表格「フランスパン」!|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

東京製菓学校スクールブログ
学校の「いま」を伝えます

スクールブログ

2020 07/13  ふだんの授業
ハード系の代表格「フランスパン」!
ヨーロッパ伝統のハード系と呼ばれるオーブンの焼床で直接焼くタイプのパンは、シンプルな配合ですがデリケートで難しい分野です。

200713-1.jpg

パン本科2年生では、「フランスパン」の実習を連日くり返し行なっています。

フランスパンといえば、ハード系の代表格。
パンを学ぶ上では、避けては通れないパンですよね。

200713-3.jpg

難しいからこそやりがいもあります!
何度も実習をくり返す中で、そのデリケートで微妙な感覚を直接手で感じながら身につけていきます。

200713-2.jpg

ずらーっと並んだフランスパン!
満足のいく出来栄えだったようですね。(^v^)

200713-4.jpg

日本の製パン技術は世界でもトップレベル。
素材もバリエーションも、製造方法も、あらゆるパンの技術が日本に集まってきています。

そんなパン業界で活躍していけるパン職人になるために、しっかりとその技術を自分のものにしていきましょう!

学科・コース

入学について

就職・仕事

学校を見る・知る

その他コンテンツ

資料請求

お問い合わせ

体験入学・オープンキャンパスAO WEB エントリーArrisan「2つの学び方」見学会
ページトップへ