一つひとつの作業を確実に|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
パン
[2019.06.04]

一つひとつの作業を確実に

毎日同じクオリティのものをつくり上げる。
当たり前に求められることですが、それはとても難しいこと。

190604-1.jpg

特にパンはほんの少しの条件や扱い方の違いで、まったく違うことが出来上がってくることもある、とってもデリケートな食べものです。

190604-2.jpg

今回、パン本科1年生では「バターロール」の実習を行なっていました。

190604-3.jpg

なぜこうなるのか、どうしたらもっとよくなるのかを、しっかりと確認して考える時間も設けています。

190604-4.jpg

つくる工程の中で失敗してしまったことなどを確認しながら、次に活かしていくことが大切なんです。

190604-5.jpg

作業のスピードは何度もやっているうちに向上していくもの。

でも、基礎ができていないままでは、雑な仕事にしかならないんです。

190604-7.jpg

基礎の基礎を学んでいく今の時期には、一つひとつの作業を確実に身につけていくことを目標に取り組んでいます。

190604-6.jpg

パンだけを2年間学ぶ学校だからこそ、社会に出た時に技術的なことで困ることがないように。

190604-8.jpg

しっかりと時間をかけて、パンと向き合っていきます!
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加