和菓子の命「餡」を知る|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
和菓子
[2019.04.04]

和菓子の命「餡」を知る

つくるお菓子に合わせて、各種の餡を練り上げる。

その知識と技術を身につけることは、和菓子技術者としての基礎であり、もっとも大切なことです。

餡の良し悪しが、そのままお菓子の価値やお店の評判へとダイレクトにつながっていきます。

190404-1.jpg

和菓子本科1年生では、さっそく和菓子の命ともいえる「餡」についての授業がはじまっています。

豆や水、砂糖、使用する道具について...。

和菓子を専門的に学んでいく和菓子科だからこそ、しっかりと確認しながら進めていきます。

190404-3.jpg

例えば、「豆」と一言でいっても、代表的なものだけでもこれだけさまざまな種類があります。

190404-2.jpg

豆のどの部分が餡になるのか。
餡に加工する製法だって一通りだけではありません。

豆の煮方も、火加減やタイミングなど、ちょっとした違いで出来上がりの餡に大きな違いが出てきます。

また、人によって好みも変わってきますので、これが一番というものや絶対という答えはありません。

190404-4.jpg

一つひとつの工程の意味も考えて、自分のつくりたい味をつくり出せるようになるために。

みんなに覚えていってもらいたいことがたくさんあります。
焦らず一歩ずつ、でも着実に成長していきましょうね。
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加