アメ細工のテクニックを身につける|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
洋菓子
[2018.12.07]

アメ細工のテクニックを身につける

アメ細工の技術や知識は、今やパティシエにとって必要不可欠なもの。

181207-1.jpg

洋菓子の芸術性を語る上で、アメ細工は避けて通ることのできないものです。

181207-2.jpg

アメを引っ張って空気を含ませて艶を出して、さまざまなカタチをつくるシュクル・ティレ(引きアメ)や、アメにポンプで少しずつ空気を入れて膨らませながらカタチをつくるシュクル・スフレ(吹き込みアメ)、型にアメを流し入れるシュクル・クーレ(流しアメ)など、さまざまなテクニックを駆使して、一人ひとりが作品をつくり上げていきます。

181207-3.jpg

アメでカタチづくる作業はもちろんですが、砂糖を煮詰めるところから細かなポイントがいくつもあるんですよ。

181207-5.jpg

今、ここで経験していることは、近い将来に必ず大きなアドバンテージとなってくれるはずです。

181207-6.jpg

「社会に出た後も自分の技術をさらに磨き続けていきたい!」と願う学生たちも大勢います。

181207-7.jpg

昼間部はもちろんですが夜間部も、約1ヶ月以上のもの期間をかけて、じっくりとそのコツや技術を学んでいきます。
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加