和菓子で季節の風景を表現する|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
和菓子
[2018.07.20]

和菓子で季節の風景を表現する

季節の風景を切り取り、表現していくことができるのも和菓子の魅力のひとつ。

180720-2.jpg

今夜の夜間部 和菓子専科2年生でつくっていたのは、そんな上生菓子です。

180720-1.jpg

求肥とつぶ餡で表現した井戸のまわりに、練切と羊羹でつくった朝顔のツタが元気よく伸びてきていて、なんとなく少し涼を感じることのできるデザインですよね。

花や鳥、季節の移り変わりや風景などを、色や形で表現する。
上生菓子は、和菓子らしい美しさを感じられるお菓子ですね。

**************************

昼間部は今日が1学期の終業日でしたが、夜間部は再来週8/3(金)まで授業があります。
実際の授業の様子を観てみたい!という方は、ぜひ見学にいらしてみてくださいね。

>>>個別相談・授業見学についてはコチラから
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加