発想力や創造力も合わせ持つパン職人に|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
パン
[2018.05.11]

発想力や創造力も合わせ持つパン職人に

パン本科2年生では、昨日までの3日間を和菓子科との交換授業を実施しました。

その際に教えていただいた餡を使用して、今日はさまざまな種類のアンパンをつくっていました。

180511-1.jpg

使用するこし餡ですが、今回はそこにちょっとひと工夫。

和菓子ではよく使用されるザラメ糖や和三盆糖、黒糖、トレハロースなどの違う糖類を使用して餡を用意しました。

180511-2.jpg

使用する糖類が違うと、味や見た目の色にも大きな変化が生まれます。

食べ比べも楽しみですね!(^^)

180511-3.jpg

こだわりの自家製餡に合わせて、パン生地の方にもちょっとアレンジを。

米粉を使用したり豆を練り込んだりと、和のテイストをふんだんに取り込んでみました。

180511-5.jpg

さらに、カボチャ餡やサツマイモ餡なども使用して、実にバラエティーに富んだアンパンが出来上がってきていました。

180511-4.jpg

大納言小豆の蜜漬けを入れた蓬フォカッチャも!

餡などのフィリングや材料にまでこだわることで、実際のパン屋さんでは他店との差別化にもなります。

また、新商品を考案したりする際にも、実体験として知識の引き出しは多く持っておきたいですよね。

180511-6.jpg

そしてパン本科2年生の学生たちは、来週いよいよドイツへの研修旅行です!

パンだけを2年間かけて学ぶ学校だからこそ、より多くのことを経験して、発想力や創造力も合わせ持ったパン職人を目指していきます。
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加