基本技術をカラダに沁み込ませる|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
和菓子
[2017.05.31]

基本技術をカラダに沁み込ませる

和菓子本科1年生では、定番の和菓子を中心に学びながら、基本技術を身についていきます。

170531-1.jpg

中でも、もっとも大事なのが、餡玉づくりと包餡作業。

餡を丸めて、包む。

一見すると地味な作業のように見えるかもしれませんが、これらの作業がスムーズにできるようにならないと、次のステップには進めません。

170531-2.jpg 170531-3.jpg

この日の実習は、栗餡を包んで木型でカタチを整えてからオーブンで焼き上げて仕上げる「栗饅頭」でした。

170531-4.jpg

やっぱり、餡玉づくりと包餡作業は欠かせません!

170531-5.jpg

さらに、現場と同じような大きな餡練機なども使って、自分たちが実習で使用する餡は、自分たちの手で製餡していきます。

製餡から、包餡、そして製品へ。
まさに「餡にはじまり、餡に終わる」ですね。
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加