パン本科授業報告|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
[2009.04.22]

パン本科授業報告

パン本科では、6月中旬くらいまでの間に実験という授業を行なっています。
パンをつくるのは初めてという学生も大勢います。

どういう状況でどのようにつくったら、どんなパンが出来上がるのか?
発酵って何なのだろう?

このようなパンづくりの基礎を、実際に食パンをつくる中で勉強していくのです。

材料や機械についての知識の勉強も平行しつつ、この実験の授業を通して、パンがどのようなものなのかを体得していきます。
これが、学校でなければなかなか出来ない大切な授業なのです。

今日は、糖の分量と、ミキシング時間の違いによる変化を実験していました。

 

さまざまなパンにチャレンジしていく前に、こうしてパンづくりの基本中の基本を、先生に教えてもらいながら、じっくりと勉強していきます。

来年の今頃には、プロのパン職人として現場に立つことになります。
あっという間の1年間になるかと思いますが、みんな焦らずしっかりとプロへの階段を昇っていきましょう!
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加