和菓子研究会「四季会」活動報告|洋菓子・和菓子・パン業界のお役立ち情報を発信!『スイーツトピックス』

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
スイーツトピックス
業界情報&お役立ちコラム
スイーツトピックス Sweets Topics

13/04/19 和菓子研究会「四季会」活動報告

本校には、卒業生により発足された和菓子研究会があるのをご存知でしたか?

その名も「四季会」といいます。ステキな名前ですよね。(^^)
日本には4つの季節があるように、和菓子にも季節がある。
そんな和菓子と四季の大切な結びつきから、先輩方が「四季会」と命名されました。

先輩方から代々受け継がれてきたこの会も、なんともうすぐ半世紀!非常に歴史ある勉強会なんですよ。
入会資格は本校卒業生であること。卒業課程は不問です。場所はもちろん、和菓子科の教室で開催しています。月1回に行なわれている例会では、和菓子課の教師陣が持ち回りで講師を担当しているんです。

IMG_9111 (314x236).jpg

先日4/16(火)の放課後に、今年度の初回が開催されました。
今回は梶山先生が担当して、四季会会長からリクエストのあった「ホイル焼き」の基本と応用について、模範実技と実習を行ないました。
理論的な製法についての説明はもちろんですが、実際につくる時の配合の考え方、このお菓子の歴史、包材について、などなど、普段の授業よりももっと専門的で実践的な内容であると感じました。

卒業生ということは、みなさんそれぞれの仕事を終えられてから高田馬場までいらしているんです。
にもかかわらず、疲れた顔した方なんて誰一人いません。ものすごい活気です!
梶山先生の説明に合いの手を入れるかのように、次々と多くの質問が飛び交い、非常に活気ある講習が展開されています。学生時代と変わらず...いや、それ以上にみなさんとても熱心です!

先輩・後輩の枠を越え、卒業生同士が切磋琢磨し合う環境がここにはあります。
使用する材料や器具、包材、その他さまざまな時流の情報を得られるのはもちろんですが、プロになってからもなお技術の向上を目指す姿には頭が下がる思いです。

ここから何かヒントをつかんで、新しいお菓子が生まれてくるかも...。
次にブームになる和菓子は、もしかしたら「Produced by TOKYOSEIKA」かも知れませんよ?!
このエントリーをはてなブックマークに追加