柏倉 美里 さん(洋菓子本科2012年卒)|卒業生の声|製菓・菓子・パティシエの専門学校。お菓子作りやパン作りの専門性を徹底的に深めるカリキュラムを展開。 - 東京製菓学校 -

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
卒業生紹介『OB/OGの風景』
卒業生たちの“現在地”
卒業生の紹介『OB/OGの風景』

柏倉 美里 さん(洋菓子本科2012年卒)

お客様のことを考え、おいしさと思いやりの気持ちを届けています

柏倉 美里 さん
洋菓子本科2012年卒
パティスリーコリウール 勤務

IMG_18-1 (314x236).jpg

私が働く「パティスリーコリウール」は、子どもにもやさしいケーキ屋さんです。アルコールを使用しないケーキが中心で、他にもアレルギー対応したり、店内にキッズルームがあったり。食べていただくお客様のことを、真剣に考えているからこそできることだと思います。ケーキづくりはもちろん、子どもも大好きな私にはとても幸せな環境ですね。家族連れも多く、お客様から「あのケーキ美味しかった」「子どもが喜んでいた」と言っていただくことも。現在は、焼き菓子を中心に仕込みや飾りつけなどを担当させていただいています。まだまだ見習いの立場ですが、自分のつくったケーキをお客様が喜んで買ってくださる幸せを胸に、仕込みから仕上げまで一つ一つの作業にこだわって、どんな作業も妥協せずに取り組んでいきたいです。

IMG_45-1 (314x236).jpg

パティシエールになりたいと思ったのは、中学生の時。将来の仕事について学ぶ授業の中で、食に関することや華やかなものが好きだった私にぴったりの職業だと思いました。高校は進学校で、大学に進む友人が多かったのですが、やりたい道が決まっていた私はぶれることなくパティシエールの道へ。「授業時間が多くてしっかり教えてくれるところ」「厳しくても確実に成長できるところ」が学校選びのポイントだった中、私が実際に見学した学校の中で「ここなら納得!」と思えたのが東京製菓学校。研修、アルバイトを経て入社した今の職場もそうですし、業界にも東京製菓学校の卒業生がたくさん。そんな学校で学べたことが私の誇りですね。パティスリーコリウールの森下令治オーナーも東京製菓学校出身なんです。

IMG_32-1 (314x235).jpg

学生時代に先生に教わったことで、当時も今も鮮明に心に残っているのが「やる気、根性、体力」の言葉。華やかなケーキをつくる仕事の裏には、強い信念が大切なのだと改めて思い知りました。その言葉に負けないように頑張って、2年間皆勤で通学しましたし、毎年行われる文化祭「菓子祭」では2年次にレストラン部門の部長を担当しました。これまでは1年と2年それぞれが別に動いていたのですが、私の代では学年の枠をとっぱらってみたんです。これが大成功で、先輩・後輩でコミュニケーションをとることで、現場が円滑に動くことを感じました。大変なことももちろんありますが、自分の気持ちと行動を大切に頑張っていきたいです。



[Shop Data]
パティスリーコリウール
住所:東京都大田区下丸子1-5-1 ストリーム多摩川1F
TEL:03-3750-0212
営業時間:10:00-20:00
定休日:水曜
IMG_4415-1 (314x209).jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加