洋風テイストをプラス、和風シュトーレン!|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
和菓子
[2019.12.13]

洋風テイストをプラス、和風シュトーレン!

伝統や歴史など、とかく重厚なイメージでとらえられがちな和菓子ですが、食の国際化・情報化が進みたくさんの食文化が交錯する時代にあって、さまざまな進化を遂げています。

なかでも洋菓子テイストの素材を組み合わせた洋風仕立てのお菓子は、まだまだ和菓子の新しい可能性を秘めています。

もちろん、本校和菓子科でも積極的に取り入れ、実際の授業に反映しています。

191212-11.jpg

先日、夜間部 和菓子専科2年生が取り組んでいたのは、クリスマス時期の製品として洋菓子店やパン屋さんで定着しつつある「シュトレン」!

191212-12.jpg

生地に抹茶を練り込み、フィリングには蜜漬けにしたさまざまな豆や栗餡などを入れて仕上げています。

従来の「シュトレン」とはまた違った、味わい深いおいしさで学生たちからも好評なんですよ。

191212-14.jpg

もちろん、ラッピングも和紙などを用いて和風な装いで。

191212-13.jpg

より多くの人に喜んでいただけるように。

本校和菓子科では、変わらぬ味を守り続けるのはもちろん、柔軟な発想で新たなお菓子も発信していきます!
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加