本当の意味で「わかる」ために|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
洋菓子
[2019.02.01]

本当の意味で「わかる」ために

さまざまな製品の土台となる生地づくりは、洋菓子を学ぶ上でとっても大事な部分。

190201-1.jpg

なぜこの配合なのか、どうしてこの材料を使うのか。
それには必ず理由があります。

本当の意味で「わかる」という実感を得てもらうために、洋菓子本科1年生では、その基礎の基礎の部分を実際につくって確認していきます。

190201-2.jpg

今回はシュークリームを題材に、「シュー生地」実験的な実習をしていました。

190201-5.jpg

通常であればバターを使用する部分を、ゴマ油やラード、ショートニング、オリーブオイルなどの、他の油脂に変更してつくっていました!

実際に材料を置き換えてつくってみて、出来上がりに、味にどのような変化があるのか。

190201-4.jpg

なかなか想像しづらいですよね。(^^;
試食して味の違いも、もちろん確認していきますよ。
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加