自分たちで使用する餡は自分たちの手で|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
和菓子
[2018.07.06]

自分たちで使用する餡は自分たちの手で

和菓子の命ともいえる「餡」。
餡はお店の味の基本となるものです。

お店ごとの味へのこだわりや伝統、製造コストなどによって使う素材も限られてきます。

そうした実際のお店での状況も踏まえて、和菓子科の授業では素材ひとつとってもさまざまな種類やバリエーションを学んでいきます。

180619-3.jpg

和菓子科2年生の教室に併設した製餡実習室では、自動製餡機や餡練機などの業務用設備を使用して、自分たちで製品に使う餡は自分たちの手でつくっていくんです。

最初は数人で手分けをして行なっていきますが、徐々に人数を減らしていき、最終的には一人ですべての工程を行なっていけるように日々訓練していきます。
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加