フィユタージュ製品|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
[2012.11.15]

フィユタージュ製品

今日の洋菓子本科1年生は、フィユタージュ製品でした。
フィユタージュとは、フランス語で折り込みのパイ生地のことです。めん棒を使って、生地をのばしては折って、のばしては折ってを繰り返して層をつくっていきます。

1年生のうちは、とにかく生地の練習。
どんなお菓子でも、生地が大事ですよね。
いろいろある生地を毎回同じものがつくれるよう、さまざまなバリエーションを通して繰り返し練習していきます。

IMG_6795 (314x235).jpg

今回つくっていたのは「ピチヴィエ」と「パルミエ」の2品。
「ピチヴィエ」とは、フランス・オルレア地方ロワレ県にあるピチヴィエ市の名物で、パイ生地の中にはクレーム・ダマンドが入っています。

IMG_6793 (314x236).jpg

オーブンに入れる前の成形は、こんな帽子のようなかわいいカタチをしているんですよ!(^^)
それが、オーブンの中でバターが溶けてパイ生地が膨らんでくると、よく見たことのあるカタチになるんです。

IMG_6798 (314x236).jpg

そしてもう一つの「パルミエ」は、フランス語でシュロの葉という意味で、その焼き上がりのカタチからその名前がついています。
折り込みの時に、グラニュー糖を手粉の代わりに生地にふりかけて折り込んでいます。

IMG_6799 (314x235).jpg

もちろん、ちゃんとリボンもつけてラッピングして仕上げていきますよ。

次はどんなパイ製品が出てくるか、楽しみでもありますね。(^^)
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加