クリスマス製品|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
[2011.12.13]

クリスマス製品

いよいよ来週末に迫ってきましたクリスマス!

今日の洋菓子本科2年生では、クリスマス製品3種類を仕上げていました。

「クグロフ」と「シュトーレン」、「抹茶シュトーレン」です!
最近はいろいろなお店で、このクグロフやシュトーレンを置いていますよね。
IMG_2873.jpg IMG_2874.jpg
クグロフは、フランスのアルザス地方やスイス、ドイツ、オーストリアなどの国では伝統的なお菓子で、あのマリー・アントワネットも大好物だったみたいですよ。
 
シュトーレンはドイツの菓子パンで、とても手間のかかる製品なんですよ。
ドイツではクリスマスまでの間、薄く切って少しずつ食べるといいます。

どちらの製品も、日が経つにつれ中に入ったドライフルーツなどのおいしさが生地に染みていき、どんどんおいしく熟成していくんです。

もちろんラッピングも自分たちで仕上げるんですよ。
先生もビックリするほど、みんなとてもキレイにリボンを結んでいました。

中でも、この「抹茶シュトーレン」はイチオシです(^o^)b
IMG_2872.jpg
クルミもたっぷり入ったこのシュトーレン。中の餡も自家製餡なんです!

| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加