第13回 クインビーガーデン メープルスイーツコンテスト|洋菓子・和菓子・パン業界のお役立ち情報を発信!『スイーツトピックス』

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
スイーツトピックス
業界情報&お役立ちコラム
スイーツトピックス Sweets Topics

18/11/09 第13回 クインビーガーデン メープルスイーツコンテスト

楓の樹液を煮詰めてつくる天然の甘味料メープルシロップ&シュガー。

日本の優れた製菓・製パンの技術を融合させてその可能性をもっと引き出し、本物の味わいをさらに普及させていくために始まったのが「メープルスイーツコンテスト」です。
製菓・製パン業界で働くプロを対象としたコンクールで、今年で13回目を迎えました。

パン部門、洋菓子部門に加えて、昨年からはカナダ建国150周年を記念して和菓子部門も開催されています。

181108-1.jpg

全国から188作品もの応募があり、各部門で一次審査を通過した方のみの最終実技審査が、先月10月に東京製菓学校で開催されました。普段授業で使用している教室を、プロのコンテスト会場として使用していただけるなんて光栄です!

181108-2.jpg

そして、入賞者のみが参加できる表彰式が、11/7(水)に駐日カナダ大使をはじめ各界の著名人の方々も参加して、カナダ大使館にて行なわれました。

梶山 浩司 校長も審査員として参加した和菓子部門では、本校卒業生も見事入賞!

181108-3.jpg

和菓子部門の最優秀賞に輝いたのは...新田 信一 さん(和菓子専科1998年卒)!!

181108-4.jpg

さらに、輿石 幹彦 さん(中央、本科和菓子課程1993年卒)も入賞されました。
なんと 輿石 さんは2年連続の入賞!!

年々、回を重ねるごとに各部門、作品のレベルも年々上がってきているそうで、審査はかなり難航したそうです。

実売を想定した場合の作業性の良さや、メープルと他の素材との調和、見た目の美しさなど多くの審査項目がありますが、やはりなんといっても最後の決め手は「おいしさ」。シンプルにおいしい製品が入賞し、本当に僅かな差で最優秀賞が選ばれたそうですよ。

表彰式後のレセプションでは、各部門審査員の方々によるメープルを活かした製品も披露されていました。

181108-5.jpg

これから今よりももっともっと身近なところで、メープルの新たな味わいを多くの方々が楽しめるようになっていくはずです!

>>>第13回クイーンビーガーデンメープルスイーツコンテストの詳細はコチラから
このエントリーをはてなブックマークに追加