校友会青森県支部講習会 @十和田 | News|製菓・製パンの専門学校。お菓子作りやパン作りの専門性を徹底的に深めるカリキュラムを展開。 - 東京製菓学校 -

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
NEWS
東京製菓学校からのお知らせ
ニュース News

15/11/14 校友会青森県支部講習会 @十和田

先日の11/11(水)、東京製菓学校校友会青森県支部では、青森県支部長を務めてくださっている 大竹 正貴 さん(本科洋菓子課程1987年卒)のお店(株)大竹菓子舗の工場を会場としてお借りして、洋菓子技術講習会を開催しました。

151114-1.jpg

卒業生のネットワークである校友会では、各地で講習会を行なっています。

現場で活躍されている卒業生の方々に、情報誌などの文章では伝わらない技術を体感していただくことで、さらなるレベル向上を図ることはもちろん、情報交換など交流の場としても活用していただいているんですよ。

今回、講師には本校洋菓子科 鈴木 兼介 先生を派遣し、青森県支部からリクエストのあったアシェット・デセールとキッシュなど、計6品のデモンストレーションを行ないました。

151114-3.jpg 151114-2.jpg

アシェット・デセールとは、レストランやカフェなどで需要のある、お皿の上を美しく飾ったデザート。味覚はもちろん、デザイン性やバランスも考えて、いかに一枚のお皿の上に表現していくかがポイントになります。

素材と素材の組み合わせや、最適の状態でお客様に提供するためにはどのようにすればよいか、技術とともに創造力も必要となるジャンルです。

151114-4.jpg 151114-5.jpg

鈴木 先生といえば、元々ホテルにて菓子製造全般を担当していた現場のプロ。その経験を活かして、普段の授業においてもデセールメニューを数多く開発されています。その一部にはなってしまいますが、卒業生の方々にも多くのことを共有していただくことで、その技術と知識を実際の仕事に活かしていっていただければと思います。

今回も 大竹 支部長をはじめ、ご協力いただきました卒業生のみなさま、本当にありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加