吉田 桃子 さん(パン本科2014年卒)|卒業生の声|製菓・菓子・パティシエの専門学校。お菓子作りやパン作りの専門性を徹底的に深めるカリキュラムを展開。 - 東京製菓学校 -

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
卒業生紹介『OB/OGの風景』
卒業生たちの“現在地”
卒業生の紹介『OB/OGの風景』

吉田 桃子 さん(パン本科2014年卒)

温かみのあるお店の雰囲気に一目惚れ。
パンに囲まれて毎日が充実しています!

吉田 桃子 さん
パン本科2014年卒
トーホーベーカリー 勤務

160217-1.jpg

私の家はご飯が多い食事だったので、たまに買ってもらえるパンが楽しみで、幼稚園の頃から「大人になったらパン屋さんで働きたい!」とずっと思っていました。

父親に連れてきてもたったのがきっかけで、トーホーベーカリーに一目惚れしてしまったんです。特に魅かれたのはウッディで温かみのあるお店の雰囲気。種類が豊富で揚げパンやコロネなど、昔ながらの定番のパンが置いてあるのも魅力でした。

160217-6.jpg

学生時代からトーホーベーカリーでアルバイトをさせていただいて、念願叶って就職することができました。現在はパン生地づくりと成形を中心に毎日仕事に取り組んでいます。生地の状態を確認しながら、しぼんでしまったり気泡ができてしまわないようにつくっていくのですが、試行錯誤した末にキレイにできあがったときは本当にうれしいですね。

160217-2.jpg

どんなに忙しくても頑張れるのは、やっぱりお客さまの笑顔が見られるから。焼きたてのパンを買っていただいたときの、お客さまの表情や励ましの言葉がやりがいにつながっています。

パン職人の仕事は、
朝早くから仕込みをはじめるため力仕事の側面もあります。でも、パンが好きなら体力は自然とついていくので大丈夫。とにかく毎日が発見の連続なので、成果が得られる仕事です。

160217-5.jpg 160217-4.jpg

今は、勉強のためにさまざまなパン屋さんにも行くようにしています。品揃えや雰囲気もお店によって個性があって異なるので「もっとパンについて知りたい!」という思いが日増しに強くなっています。

160217-3.jpg

トーホーベーカリーのコンセプトは"おいしい・楽しい・親しみやすい"。技術や感性をもっと磨いて、学生時代から大好きだったこのお店の雰囲気にピッタリと合うようなオリジナルパンを考案して、お客さまに喜んでいただけたら最高ですね。

将来パン屋さんになりたいと思っている人には、学生のうちからいろいろなパン屋さんをまわって、実際に食べてみて、そのときの印象を大事にして欲しいですね。お客さんの視点だからこその素直な感性はきっと将来に役立つと思いますよ。



[Shop Data]
トーホーベーカリー
住所:東京都三鷹市下連雀1-9-19
TEL:0422-43-6311
営業時間:7:00-19:00
定休日:日曜、祝日、第3月曜
http://toho-bakery.co.jp/

160217-7.jpg

緑豊かな武蔵野・三鷹で創業60年以上。これまでに何度もテレビや雑誌等で紹介されていて、毎週末には行列ができるほどの人気店です。国産の小麦粉と北海道産バター、ゲランドの塩を使ったこだわりの「GOLD塩バターロール」は、一日1000個以上売れるほどの目玉商品!

このエントリーをはてなブックマークに追加