さまざまな定番の製品づくりを通して|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
パン
[2018.09.20]

さまざまな定番の製品づくりを通して

パン本科1年生では、さまざまな種類のパンをつくる実習がはじまってきます。

180920-1.jpg

ちょうど教室では、今日でもう何度目かになる「フランスパン」の成形を行なっていました。

フランスパンなどのハード系のパン生地は、とってもデリケートなので、その扱いがとっても難しいんですよ。

180920-9.jpg

こればっかりは、これからも何度も練習して身体で覚えていくしかありません。

一つひとつの工程を確認しながら、しっかりと自分のものにしていってくださいね。

180920-7.jpg

そして、いよいよ石窯も登場!

校内に設置してある石窯では、定番の「パン・ド・カンパーニュ」を焼き上げていました。

180920-3.jpg

手づくりパン工房など地域密着型のお店では、石窯を導入しているところも増えていますよね。

180920-5.jpg

卒業後に現場で扱うことになってもすぐに使えるように、その特性をしっかりとつかんでいってくださいね。

折り込み生地の製品づくりも同時に始まってきています。
こちらもまずは代表的な製品「クロワッサン」から。

180920-2.jpg

基本となるさまざまな定番の製品づくりを通して、あらゆる現場に対応できる技術とスキルを磨いていきます。
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加