定番のお菓子で技術の幅を広げる|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
和菓子
[2015.07.31]

定番のお菓子で技術の幅を広げる

昼間部は夏休みに入ってしまいましたが、夜間部はまだまだ授業を行なっています。

週3回授業の夜間部の夏休みは、8/8(土)から8/23(日)の約2週間と短いんです。

150731-1.jpg

今日の夜間部 和菓子専科2年生の実習テーマは「大福」。

和菓子科では毎回実習を始める前に、必ず先生の方から今日の製品についての解説があります。

製法についてはもちろんですが、
なぜ今回はこの配合なのか
なぜこの材料を使うのか
どこをどう変えたらどんな違いが出てくるか  などなど...

実は、お菓子をつくっていく上で、理論はとっても大事。
しっかりと理解して、つくることが大切なんです。

150731-4.jpg

この、先生から語る言葉の一つひとつが、将来の財産になっていってくれるはずです。

しっかりとメモをとって、役立てていってくださいね。

150731-2.jpg 150731-3.jpg

じつは「大福」は1年生の時にも、すでに実習でつくっています。
通常、「大福」は蒸したお米を臼で搗きながら、水を加えて硬さを調整して搗きあげていきます。

でも、今日つくる「大福」は、その時とは違った製法でつくっていくんです。

どんな方法なのか、気になりますよね??(^^)

なんと今回の方法でつくると、お餅が硬くなるのを遅らせることができるのだとか。

出来上がりが楽しみです!!
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加