和菓子で春を感じる|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
[2014.03.03]

和菓子で春を感じる

今日の和菓子本科2年生では、「桜餅」と「草餅」をつくっていました。
毎年、これらのお菓子が出てくると春が近づいてきた!っていう感じがします。

IMG_7782 (160x120).jpg IMG_7800 (160x120) (2).jpg

もうすぐそこまできている春を、一足先に和菓子を通して感じることができるのはイイですよね。(^^)

IMG_7793 (160x120).jpg IMG_7791 (160x120).jpg

今回の「桜餅」はクレープのように薄く焼き上げた生地で餡を包んだ関東風です。「草餅」は製餡実習室にある自動餅つき機で蓬を入れて餅を搗いていきます。

蓬を入れたとたん、蓬の香りが教室中に広がってきました!この段階で、お餅をどこまで搗き上げるのか、という点においても、和菓子屋さんによっていろいろ違いがあるんだそうですよ。

IMG_7798 (314x235).jpg

実はこの2種類、今月16日(日)と23日(日)に開催する体験入学でもつくるんです!普段の授業と同じように一日にかけて実習をして、つくる難しさはもちろん、たのしさ、おいしさもぜひ感じに来てみてください。

>>>体験入学3月の開催内容はコチラから
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加