世界を感じる授業|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
[2013.01.30]

世界を感じる授業

今日は洋菓子本科2年生の授業でプロの方々に来ていただく実技講習があり、2名の先生が来てくださいました。

今回来ていただいた先生は、日本を代表する世界レベルのパティシエ。
ともに本校の卒業生でもあるんですよ。(^^)b

IMG_7762 (314x235).jpg

チョコレートのピエスモンテの授業を行なっていただいたのは、数々のコンクールで賞を獲得し、日本代表として世界大会等でも活躍されている、「マテリエル」のシェフパティシエ 林 正明 先生。

技術的なことはもちろんですが、現場でのお話や、さまざまな制約のあるコンクール等で感じたことやその対策、苦労した点など、普段なかなか聞くことが出来ないようなことについても、お話を聞かせて下さいました。

IMG_8015 (314x235).jpg

そして隣のクラスでは、フランス・ストラスブール「キュブレー」にて、シェフパティシエとして活躍している 浅見 欣則 先生の授業です。

普段は遠く離れたフランスで活躍されている浅見先生ですが、今回は先日まで東京・新宿にて行なわれていた「サロン・デュ・ショコラ」に参加されていて、その後本校の授業のために残って、授業を行ないに来てくださったんです!

道具や材料のこと、フランスと日本の違いなど、学生たちからの質問にも答えてくれながら、実際にキュブレーでつくっている製品を教えていただきました。本校を卒業してからこれまでの経緯など、貴重なお話を聞くこともできました。卒業後の修学旅行の時には、学生たちがお伺いするかと思いますので、またよろしくお願いします!(^v^)

****************************

目の前で、世界トップレベルのお菓子に対する姿勢や技術に触れる。

こういった実技講習を通して、第一線で活躍する方々の授業を受ける機会があるのも、今後のさらなる意欲をかき立てられる貴重な経験になるはずです。先輩方に続いていけるよう、みんながんばれー!(^O^)/
| カテゴリー:特別授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加