アメの授業です|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
[2012.11.28]

アメの授業です

アメといっても、今回は洋菓子のアメ細工ではなく、和菓子の飴です。
今夜の和菓子専科2年生は「飴」の授業を行なっていました。
茶席などで干菓子として用いられる「有平糖」と、ちょっと季節はずれになってはしまいましたが「千歳飴」をつくっていました。

IMG_7027 (314x236).jpg

南蛮菓子の一つである「有平糖」の語源とされているのは、ポルトガル語のAlfenim(アルフェニン、白い砂糖菓子)やAlfeloa(アルフェロア、糖蜜からつくられる茶色い棒状の菓子)という説があります。水飴が多いと、粘りや光沢がありパリパリとした食感となり、少ないと艶はないが手につきにくく食べやすいものになります。

IMG_7019 (160x120).jpg IMG_7018 (160x120).jpg

かわいいデザインがいろいろあるんですよ(^^)

IMG_7016 (314x236).jpg

「千歳飴」にはいろいろな色がありますが、今回はピンクにはフリーズドライの苺を、ミドリは抹茶、茶色はチョコレートを入れてつくっていました。練って空気を入れることで白っぽくなり、なめらかな食感になるんです。長寿の願いを込めて、あの細長い形にしているんですよ。
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加