ケーキハウス ノリコ [神奈川県横浜市]|卒業生の声|製菓・菓子・パティシエの専門学校。お菓子作りやパン作りの専門性を徹底的に深めるカリキュラムを展開。 - 東京製菓学校 -

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
卒業生紹介『OB/OGの風景』
卒業生たちの“現在地”
卒業生の紹介『OB/OGの風景』

ケーキハウス ノリコ [神奈川県横浜市]

「ケーキハウスノリコ」は、神奈川県横浜市都筑区の住宅地の中にある、地元の方々に長年愛され続けている洋菓子店です。

noriko-1.jpg

まごころを込めてつくられているお菓子は、どれも素材のおいしさがダイレクトに伝わってきます。

noriko-6.jpg

それもそのはず、使用する材料はもちろん、道具や設備にも一切妥協せず、手間を惜しまずにつくれるものはなるべく店内でつくっているのだそうです。

noriko-10.jpg

例えば、プラリネやマジパンはナッツ類を挽くところから。フルーツの艶出し等に使うナパージュでさえも、一つひとつ店内で加工するというこだわり。

noriko-8.jpg

素材の時点で吟味された本当においしいと思えるものだけを掛け合わせて、製品としてつくり上げているんです。

noriko-9.jpg

でも、お菓子は高価で特別なものではなく普段使いとして、近隣の方々に本当においしいと思うものを楽しんでもらいたい。

だから「パティスリー」ではなく、「ケーキハウス」なんです。

noriko-2.jpg

木の温もりが伝わってくるような美しい店内には、バウムクーヘンやクッキーなど常時約50種類もの品数を誇る焼き菓子類をはじめ、季節ごとの旬な素材を活かしたケーキ、そしてボンボン・ショコラまでもが一堂に並んでお客さまを迎えてくれます。

和と洋の文化が入り混じった「横濱」ならではの、名所にちなんだお菓子はお土産にも最適ですね。

noriko-4.jpg

でもそれ以上に魅力的なのが、通りに面した大きなガラス張りの工房。

noriko-7.jpg

販売スペース以上の面積があるこの工房で、毎日パティシエたちが、どのようにしてお菓子をつくっているのかが一目瞭然なんです!

その様子を眺めているだけでもワクワクしてきます。

noriko-3.jpg

「ケーキハウス ノリコ」は、まさに街に愛され続けているケーキ屋さん。
店内の雰囲気もお菓子も、どこか懐かしい温かさをも感じさせてくれます。



[Shop Data]
ケーキハウス ノリコ
住所:神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎東2-1-12
電話:045-942-4331
営業時間:9:30-19:00
http://www.cakehouse-noriko.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加