翁屋 [新潟県新発田市]|卒業生の声|製菓・菓子・パティシエの専門学校。お菓子作りやパン作りの専門性を徹底的に深めるカリキュラムを展開。 - 東京製菓学校 -

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
卒業生紹介『OB/OGの風景』
卒業生たちの“現在地”
卒業生の紹介『OB/OGの風景』

翁屋 [新潟県新発田市]

今回ご紹介させていただくお店は、新潟県の歴史ある城下町 新発田市にて卒業生ご夫婦で頑張っている「翁屋」さんです。

JR「新発田駅」から大通りを直進、石川小路交差点の角にお店を構えています。

okinaya-1.jpg

1912年創業、新発田市で知らない人はいないくらいに、地元のみなさんに長きにわたって愛されている老舗のお菓子屋さんです。

okinaya-4.jpg

奥様のご実家を継いだ店主 島田 正和 さん(左、旧姓:新藤、第1部本科洋菓子課程1987年卒)と、クラスメイトの奥様 明子さん(右、第1部本科洋菓子課程1987年卒)のご家族で頑張ってくださっています。

okinaya-2.jpg

こちらのお店は、常時50種類以上の和洋菓子を揃え、開店と同時にお客様で賑わう繁盛店なんです。

okinaya-3.jpg

中でも、能楽の翁面を形どった求肥入りの大納言最中「翁最中」は、遠方からもお客様が求めて来られる看板商品です。全国和菓子大品評会では名誉優秀賞を、全国菓子大博覧会では栄誉金賞を受賞された、新発田市を代表する銘菓でもあります。

okinaya-5.jpg okinaya-6.jpg

香り豊かな青黄な粉と小豆のこし餡で忠臣蔵で有名な堀部安兵衛の手植えの松を表現した「老松」や、純白の淡雪にたっぷりの黄味餡を包んでふくよかに仕上げた「君富久美」も、定番の人気商品です。

okinaya-7.jpg okinaya-8.jpg

米粉100%使用のダクワーズ「金の穂」や、季節限定商品ではありますがアーモンドとチョコレートが絶妙のバランスの「フロランタン」など、ご夫婦が学ばれた洋菓子の技術や知識も活かして、本校ではヌーヴェル和菓子と銘打っている洋風の素材を使用した和洋菓子も数多く取り揃えています。

okinaya-9.jpg

ふろしき専門店とコラボレーションして贈答品のご提案をするなど、常にお客様目線でお菓子を提供してくださっています。

お近くへお越しの際は、ぜひぜひお立ち寄りいただきたいお店です!



[Shop Data]
翁屋
住所:新潟県新発田市中央町3-6-14
電話:0254-22-2710
営業時間:9:00-18:30(日曜9:30-18:00)
定休日:不定休

このエントリーをはてなブックマークに追加