ムール・ア・ラ・ムール [神奈川県伊勢原市]|卒業生の声|製菓・菓子・パティシエの専門学校。お菓子作りやパン作りの専門性を徹底的に深めるカリキュラムを展開。 - 東京製菓学校 -

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
卒業生紹介『OB/OGの風景』
卒業生たちの“現在地”
卒業生の紹介『OB/OGの風景』

ムール・ア・ラ・ムール [神奈川県伊勢原市]

今回ご紹介させていただくのは、パン本科の学生たちが小麦栽培でお借りしている畑にも程近い、神奈川県伊勢原市にあるパン屋さん「ムール・ア ・ラ・ムール」さんです!

その土地の農家と契約して、その土地のパンをつくる。

まさに"地産地消"を実践されているパン屋さんなんです!

最寄である小田急線「伊勢原」駅からは車でも10分ほどかかる遠方でありながら、営業日にはオープン前から多くのファンが、小麦本来の香りや味わいが生きる自家製粉パンを求めて足を運んでくださっています。

motosugi.jpg

こちらのオーナーであり、本校卒業生の 本杉 正和 さん(第1部パン本科2002年卒) は、製粉を学ぶためにカナダへ留学するなど経験を積み、かつてこの地にあり、惜しまれつつも閉店した名店「ブノアトン」でも製粉部門を支えてきた方なんです。その意思を継ぎ、同地で自社製粉した小麦を全商品に配合してのパンづくりを実践されています。

しかし、国産小麦だから必ずしもいいと言うわけではなく、自社製粉した粉を単体でパンをつくるのは難しいのだそうです。そのため、国産小麦の良さである豊かな香りをもっとも活かせるように、ブレンドする配合量や製法を工夫されているのだとか。

本杉さんの目標は「小麦の国内自給率向上」。
全国各地のパン屋さんが、その土地の農家と契約して自分たちだけのパンがつくれるように、その仕組みづくりにも取り組まれています。

本杉さんの挑戦はまだまだ始まったばかり。
今後ますます目が離せないパン屋さんです!



[Shop Data]
ムール・ア・ラ・ムール
住所:神奈川県伊勢原市板戸645-5
電話:0463-57-3085
営業時間:10:00-18:00
定休日:火・水・木曜
http://moulusalameule.blog92.fc2.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加