パン本科 新カリキュラム 1/3 | News|製菓・製パンの専門学校。お菓子作りやパン作りの専門性を徹底的に深めるカリキュラムを展開。 - 東京製菓学校 -

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
NEWS
東京製菓学校からのお知らせ
ニュース News

10/12/08 パン本科 新カリキュラム 1/3

来年度から2年制となるパン本科では、授業の中で小麦の栽培を行ないます。
パンをつくる上で欠かせない材料の一つである小麦。
その小麦がどのように育まれ、収穫しているかを本質から理解するために、種蒔きから麦踏み、収穫までの一連の工程を体験していきます。

それに先立ち、先生方が休日を利用しながら、農家の方々のご協力をいただいて、試験的に栽培から製粉、パンになるまでを行なってきましたので、その様子をお伝えしたいと思います。

時はさかのぼり、昨年の秋11月。
普段の白衣ではなく、動きやすい服装に着替えた先生方が種蒔きを行ないました。
mizotuke.jpg tanemaki.jpg
まずは畑を耕すところから。溝付けという作業です。
さすがは高橋先生、パンをつくっている時と同じくらい農作業も似合いますね!
その溝に種を丁寧に蒔いたあと、ローラーの代わりに足で土を踏んでいきます。
徐々にきれいなラインが出来てきました。

寒さの厳しくなってきた1月。
かわいい小さな苗が顔を覗かせていました。
この日は、順調に成長してきた麦の苗を踏む、麦踏みの作業があります。
ちょっとかわいそうな感じもしますが、ここで若い苗を踏むことによって、冬の寒さにも負けない強い苗になることが出来るんです。
IMG_1359.jpg mugihumi.jpg
この小さな苗の成長がちゃんと麦になるのだろうか…。
ちょっと不安もありますが、楽しみです。
順調に行けば夏前には刈り取りになります。(パート2に続く)
このエントリーをはてなブックマークに追加