洋菓子科 授業内容|製菓・菓子・パティシエの専門学校。お菓子作りやパン作りの専門性を徹底的に深めるカリキュラムを展開。 - 東京製菓学校 -

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ

洋菓子本科の授業

この学科で学ぶこと
洋菓子科の授業
洋菓子本科 授業内容・特徴

パティシエになるための「すべて」がここに。

パティシエを目指す

プロのパティシエへの早道は、毎日、くり返しつくること。2年間、洋菓子だけを専門的に学べる東京製菓学校には、現場で求められるあらゆる技術を学べるカリキュラムが整っています。1年次はパートシュクレ*、シュー生地、折り込み生地、スポンジ生地、バターケーキ生地など、あらゆる洋菓子の基本となる技術や生地づくりを修得。2年次はマスターした基本技術の応用として、パティスリー*やコンフィズリー*、パスティヤージュ*、マジパン細工*、シュガーアート*と、多様な領域をカバー。パティシエになるために必要な基礎知識と技術のほとんどすべてを、ここで学ぶことができるのです。

<お菓子用語>
*パートシュクレ タルトの土台になどに用いる砂糖入りの練り込み生地
*パティスリー ケーキ・パイ・ビスケットなど、小麦粉でつくるお菓子
*コンフィズリー チョコレート・キャンディー・マシュマロ・マロングラッセなど、砂糖を使ったお菓子
*パスティヤージュ ディスプレイなどをつくるときに使う、紛糖・でん粉・トラガントゴム・水などを練り合わせた生地
*マジパン アーモンドと砂糖をすりつぶして練り、花や人形などをつくりケーキの飾りに用います
*シュガーアート ウェディングケーキに代表される粉砂糖と卵白などでつくった工芸菓子

失敗も経験。「たくさんつくる」から、技術が身につく

パティシエの専門学校

現場で求められるパティシエの技術には、正確さとスピーディーさが不可欠。これは、たくさんの失敗を重ねながらくり返し練習して学ぶことでしか体得できません。実際の仕事では許されない失敗や経験は学校だからこそ出来ること。実習の多い東京製菓学校なら、思う存分心ゆくまで練習できます。また、例えうまくいかなくても焦る必要はありません。自分のペースでしっかり技術を修得できるまで、先生方が一人ひとりに目を配りサポートしてくれます。

第一線で活躍するパティシエの方々を外部講師として招へい

本場フランスからの客員教授

現場の「いま」を、感じる。東京製菓学校では、第一線で活躍するトップパティシエの方々を外部講師として招き、最先端の技術を間近で体験できる授業も展開しています。国内はもちろん、本場フランスからも客員教授を招き、トップレベルの現場で生み出される最新のレシピとハイレベルな技術を勉強できます。その手さばきや雰囲気を感じて、スキルアップのヒントをつかんでください。また、経験談やプロとしての心構えなど、耳を澄まして聞きたい貴重な話もいっぱいです。