和菓子科 授業内容|製菓・菓子・パティシエの専門学校。お菓子作りやパン作りの専門性を徹底的に深めるカリキュラムを展開。 - 東京製菓学校 -

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ

和菓子本科の授業

この学科で学ぶこと
和菓子科の授業

和菓子本科 授業内容・特徴

「たくさんつくる」ことで、身体で覚える

未経験者でも、安心。実習重視のカリキュラムを通じてさまざまな和菓子をつくる体験を重ねることで、必要なスキルを身体で覚えていきます。饅頭などの蒸し菓子類から焼き菓子、平鍋菓子、上生菓子、流し物菓子、餅菓子といったベーシックな和菓子を材料や製法を変えてつくってみる実習や、冠婚葬祭などに用いられる引菓子や春夏秋冬の半生菓子、芸術作品としての工芸菓子、創作研究など、2年間であらゆる和菓子づくりを幅広く経験することができます。

「餡に始まり、餡に終わる」。基本を修得し実践力を身につける

餡をつくる(製餡)こと。そして、餡を包む(包餡)こと。このふたつは「餡に始まり、餡に終わる」と言われる、和菓子づくりの基本中の基本。この製餡と包餡の技術をしっかり修得しておかなければ、確かな品質の和菓子をつくることはできません。本校ではこれらの作業を実習の中で毎日くり返し練習し、身につけることができます。温度や湿度など日々の環境変化にも対応できる製餡のスキル。スムーズかつ見た目も美しく仕上げる包餡のスキル。何度も失敗して、やり直して、これらの技術を高いレベルで修得できることが、卒業後すぐに現場に対応できる実践力になるのです。

「やったことがある」が、社会に出たときの自信と支えになります

「やったことがある」。経験こそ、卒業して現場に出たときに支えとなるもの。2年間、和菓子というジャンルに専門的に向き合い、さまざまな種類の和菓子づくりをこなせる本校なら、将来どんな場面でも対応できる地力と自信が身につきます。1年次の基礎段階はていねいに、正確につくることを覚え、徐々につくるスピードもレベルアップ。2年次ではすでに修得した基礎技術をベースに、さらにハイレベルな和菓子づくりにチャレンジ。社会に出る頃には、現場経験数年分の経験値が自ずと身についているのです。