設備や設備にもこだわった専門的授業
和菓子専科の授業で学べること

MENU
和菓子専科の授業
理論や設備、材料のことも学びながら和菓子技術者としての土台を築く。

基本的な作業から応用まで、バリエーション豊かなカリキュラムを一歩一歩着実にこなすことで、より正確に技術を修得でき、即戦力として活躍するための大きな自信を得られる授業を展開します。

和菓子に欠かせない豆や砂糖、栗や穀物などの素材については、収穫の時期や産地、種類やバリエーションも実習を通じて総合的に学習。「なぜそれが良いのか?」といった理論も併せて学びます。

教師が一方的に教えるのではなく、学生が主体的に考え、レシピを作成し、つねに課題を持ちながら取り組む実習を実施。実習で用いる餡の一部は、学生たちの持ち回りで製餡させたりしています。

ハロウィンやクリスマスなど、本来は洋菓子がメインとなるイベントにも和菓子の文化が浸透しつつある昨今。夜間部でも、季節ごとの新しいイベントを和菓子で表現する実習を導入し、時代のトレンドを反映した授業を展開しています。


学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」