パティシエ、ショコラティエを目指すなら
東京製菓学校 洋菓子本科

MENU
洋菓子本科
他の追随を許さない、圧倒的な実習量。どんな場面にも通用する技術が身につく。

昼間部洋菓子本科では、洋菓子だけを2 年間学び、2,880時間という授業時間のうち、じつに2,436時間を実習に充て、「どのような場面でも通用するパティシエ」を育て上げます。

圧倒的な実習時間 授業時間 月~金曜日 8:30~16:30 取得できる資格 技能検定2級 受験資格の取得
食品衛生責任者の取得
職業訓練指導員 受験資格の短縮
専門士の取得

製菓実習

1年次はスポンジ生地やタルトなどのパートシュクレ、シュー生地、折り込み生地など約250種類の基本的なレシピと、ナッペなど基本技術の反復練習。2年次はアメ細工やショコラ、グラスやソルベ、デセールなど専門的でハイレベルな約350種類のレシピを学び、材料等の目利きや多様な設備を使いこなす力も身につけていきます。

模範実技

材料の配合や製法などについて、専任教師が全工程を実演しながら解説。最新の洋菓子や扱いが難しい素材についても学ぶほか、各製品の歴史や文化的背景、名称の由来も勉強します。

創作研究

デザインや配合・製法を、学生自らが考えレシピを完成させます。創作能力を磨き、現場での商品開発に活かすためのカリキュラムです。

実技講習

業界の第一線で活躍するトップパティシエを講師として迎えた授業や、バリスタ、喫茶の実習のほか、和菓子科・パン科との交換授業、国家資格M.O.F.を持つフランス人客員教師などによる実践的な洋菓子実習・講習を展開。プロとしての心構えや経験談なども聞くことができます。

講義

製菓理論をはじめ原料・機械、原価計算や経営に関すること、ラッピングや色彩学、外国語や接客対応など、資格取得や現場での仕事に活かせる実践的な講義も充実しています。

製菓理論/原料・機械/製菓衛生師学科/簿記・会計/菓業経営/菓業教養/付属教科(展示会見学/箱根セミナーハウス校外授業)ほか


学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」