設備や設備にもこだわった専門的授業
和菓子本科の授業で学べること

MENU
和菓子本科の授業
未経験者でも安心の、豊富な実習。和の文化についての造詣も深める。

季節の行事や四季に応じた変化に富む、和菓子の世界を徹底的に学ぶ。豊富な授業時間を「たくさん」そして「美しく」つくる実習に割けることで、未経験の方でも即戦力のスキルが備わります。

「餡に始まり、餡に終わる」言われる和菓子。餡玉切りや包餡作業などの基本技術はできるようになるまで修得。製餡は現場さながらの環境で、「豆を煮る、練る」という餡づくりのプロセスをすべて一人で行えるようにくり返し練習します。

和菓子本科では自主性を重視する授業を展開。レシピは自分で作成し、疑問や失敗点が出てきたら、その都度教師に相談し解決。完成度を高めるコツや、現場で求められる判断力が養われます。

東京製菓学校では茶道や書道、華道、日本料理などの授業もあります。茶道は校内にある本格的な茶室で、実習でつくった茶席菓子を用いお手前。茶鑑定士を招き、宇治茶の生産から抹茶ができるまでを総合的に学習する授業など、日本の暮らしに根ざした“侘び寂びの文化”に触れ、和菓子づくりに役立てます。

最新動向を知るために学生が和菓子店を回り、分析・レポートする授業も。製品の完成度、販売スタイルや接客態度に至るまでリサーチすることで、プロに必要なことを体験的に学習していきます。


学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」