石窯など設備が充実、天然酵母も学べる
パン本科の特徴的なカリキュラム

MENU
特徴的な授業
「パンを極める」ために用意された、充実の環境、そしてカリキュラム。

業界に幅広いネットワークを持つ東京製菓学校だからこその、クオリティ。本場の石窯など充実の設備環境と、専門性の高いカリキュラムが、即戦力につながるスキルを育みます。

石窯をはじめとした充実の設備

パン本科では本場の「石窯」を使った授業をいち早くスタート。校内のスペイン窯、フランス窯を使った実習のほか、箱根のセミナーハウスには歴史的・文化的価値のあるポンペイ窯も完備。充実した環境で高いスキルを身につけられます。

自家製天然酵母でのパンづくりも

温度やpH管理が重要で発酵時間も長く、マスターするのが難しい天然酵母を用いたパンづくりも。市販の簡易天然酵母や、全粒粉から培養するルヴァン種、ライ麦から採れるサワー種、ホップとジャガイモからつくられるホップ種、イタリアのパネトーネ種や酒種など、さまざまな素材を用いて酵母を育てる、専門性の高い授業です。

本場の技術に触れる「ドイツ研修旅行」

2年次の5〜6月頃には、ドイツへの「研修旅行」があります。約1週間の滞在期間には、現地の製パン学校で授業を受けたり、パン屋さんをのぞいたり、道具街を巡ったりします。本場の製パン技術と、ドイツの食文化に触れられる、貴重な体験となっています。

その他オススメのページ


学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」