引菓子をつくり上げる
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2020.06.19
引菓子をつくり上げる

和菓子本科2年生では「引菓子」の授業に取り組んでいます。

200618-1.jpg

昨今はあまり見る機会もなくなってきましたが、もともとは結婚式や法事などの引出物として使われるお菓子で、練切や羊羹、雪平、外郎、こなしなどでつくり上げていきます。

200618-2.jpg

今回の授業では、松竹梅のデザインに取り組んでいました。
さまざまな形や色の組み合わせを工夫したり、デザインも型をつくるところから自分たちで行なっていきます。

200618-3.jpg

引菓子には、和菓子技術者としての高い技術と繊細なセンスが必要となります。そのため、業界内のコンテストでも多くの注目を集めているんですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >技術者としての土台をつくる
次の記事 >パンを食事として楽しんでもらうために

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」