クリスマス製品にも取り組んでいきます
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2019.12.06
クリスマス製品にも取り組んでいきます

洋菓子店と同じように、パン屋さんでもイベント時期に合わせた「季節商品」も大切なアイテムです。

パン科の授業でも今の時期は、クリスマスに向けた製品にも取り組んでいます。

191206-1.jpg

今回パン本科1年生では、「シュトレン」と「クグロフ」をつくっていました!

191206-2.jpg

どちらの製品も、今や日本のお菓子屋さんやパン屋さんで定番の製品になりつつありますよね。

191206-7.jpg

もちろん、ラッピングまでしっかりと行なっていきますよ。

191206-3.jpg

「シュトレン」はドイツの発酵菓子で、とても手間と時間のかかる製品なんですよ。ドイツではちょうど今くらいからクリスマスまでの間、薄くスライスして少しずつ食べるという習慣があります。

191206-4.jpg

一方の「クグロフ」はフランスのアルザス地方やスイス、ドイツ、オーストリアなど、さまざまな国で愛されている伝統的な発酵菓子です。

191206-5.jpg

どちらも、日が経つにつれて中に入れたドライフルーツなどのおいしさが生地に染みていき、どんどんおいしくなっていくんですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >自分たちの餡は、自分たちの手で
次の記事 >夜間部でも、じっくりと専門的に

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」