本物をたくさんつくり、真の実力を育む
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2019.12.03
本物をたくさんつくり、真の実力を育む

お茶席などに使われる上生菓子は、花や鳥、季節の風景などをカタチや色で表現して、食べてくださる方に季節感も感じていだたけるお菓子です。

191203-11.jpg

この和菓子らしい美しさを表現していくためには、高い技術レベルと繊細なセンスが求められます。

191203-12.jpg

和菓子だけを2年間みっちりと勉強していく本校だからこそ、たくさんの種類を数多く学んでいくことができます。

191203-13.jpg

今回の和菓子本科2年生は秋の上生菓子の復習で、菊の花や栗、柿などをつくっていました。

191203-14.jpg

もう何度もつくっている製品ではありますが、この豊富な経験が自信につながっていってくれるはずです。

191203-16.jpg

まだまだ未熟な部分もある学生たちですが、先日の日本橋三越本店での経験も、改めてより高いレベルを目指すきっかけになってくれたようです。

191203-15.jpg

まさに「和菓子の道は一日にして成らず」です。
先生方のスピードや仕上がりの美しさにはまだまだ及びませんが、これからも精進していきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >現場に立った時に戸惑うことがないように
次の記事 >「食品衛生責任者」の資格を取得していきます

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」