現場に立った時に戸惑うことがないように
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2019.11.28
現場に立った時に戸惑うことがないように

どんな仕事でも同じですが、パンづくりでは特に時間の管理が大切です。

191128-1.jpg

パンは酵母を上手く活用して生地を膨らませていく「発酵」という工程があります。温度や湿度とともに、時間をしっかりと管理して、上手に進めていかなければいけません。

191128-2.jpg

限られた時間の中で、いかに効率良く作業を進めていくか。
日々の実習を通して、さまざまな製品に取り組みながらもその経験を積んでいきます。

191128-3.jpg

今回のパン本科2年生の実習も、朝から夕方までの中でスケジュールに沿って、みんなで協力し合いながら進めていきます。

191128-4.jpg

この日は低温中種食パンをはじめ、フォカッチャ、カンパーニュ、フランスパンといった4種類の製品づくりと、次の日の実習のための仕込みも行なっていました。

191128-5.jpg

だいぶ忙しい実習となりますが、パン屋さんの仕事はもっともっと多くのことを並行して進めていきます。

191128-6.jpg

半年後、現場に立った時に戸惑うことがないように。
ほぼ毎日の実習は、その練習でもあるんです!


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >高度なアメ細工のテクニックにもチャレンジ!
次の記事 >本物をたくさんつくり、真の実力を育む

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」