高度なアメ細工のテクニックにもチャレンジ!
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2019.11.22
高度なアメ細工のテクニックにもチャレンジ!

洋菓子の飾り菓子の中でも最も芸術性が高く、華やかさと輝きを持つアメ細工は、今やパティシエにとって必要不可欠なスキルです。

191122-2.jpg

洋菓子科2年生では、昼間部も夜間部も約1ヶ月もの時間をかけて、自分たちの作品をつくっていきます。

もちろん、とっても難しい技術です!

これまで学んできたさまざまなテクニックもフル活用しながら、何度も何度もトライして、自分たちの個性も発揮してつくり上げていきます。

191122-1.jpg

それこそ、基礎の基礎となる砂糖を煮詰めてアメをつくるところから、しっかりと取り組んでいきますよ。

191122-3.jpg

ひと言でアメ細工といっても、アメを引っ張って空気を含ませながら艶を出してカタチづくっていくシュクル・ティレや、アメに空気を入れて膨らませながらカタチづくるシュクル・スフレ、さまざまなカタチの型にアメを流し入れて固めるシュクル・クーレといった、さまざまな技術があるんですよ。

191122-5.jpg

そして、知識も大事なんですが、実際につくる中でしかわからない細かなポイントがたくさんあります。

191122-6.jpg

小型の作品から、ちょっと大きなピエスモンテまで。

学生のうちにじっくりと時間をかけて、作品づくりに取り組んでいく中で、高度なテクニックを身体で修得していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >ものづくりの視野を広げ、新たな発想をみつける
次の記事 >現場に立った時に戸惑うことがないように

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」