現場ならではの仕事を知る
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2019.11.11
現場ならではの仕事を知る

学校で学んでいるのは、あくまでも基礎。
現場の第一線の仕事を知る機会として、国内外から講師の先生をお招きして特別授業も展開しています。

先週お忙しい中をお越しいただいたのは、本校卒業生の大先輩でもある「マテリエル」の 林 正明 シェフ。

hayashi19-1.jpg

今回はあえてこれまでにも学んできたショートケーキやマカロン、ソルベといった基本の製品を題材に、ホテルや式場などでもその腕をふるってきた林シェフによるデセールの授業です。

hayashi19-2.jpg

今年の4月まで林 シェフのもとでお世話になっていた小川 先生と、ホテル出身の 益田 先生とともに、短時間でクラス全員分のデセールを仕上げてくださいました!

hayahsi19-3.jpg

現場ならではの専門用語や言い回し、仕事の進め方について触れながら、これらをどのように考えてつくっているのかを教えていただきました。

なぜこの材料を使うのか。
その意図は。

実際に職場に入ってからでないとなかなか知りえない、製法や使用する材料、型などの器具類についてなど、一つひとつのことを深く掘り下げて細かく説明してくださいました。

hayashi19-4.jpg

そこには、第一線のパティシエが細かな違いや差を生み出すための工夫がたくさん溢れていました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >小麦の種蒔きに行ってきました
次の記事 >トップパティシエの迫力を間近で感じる

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」